フケを理由にしちゃうんだ? 目指せ!!Grade1 一口馬主の道

2008年11月05日

フケを理由にしちゃうんだ?

ガーデンスタイル


 スタートダッシュがつかず、やむなく後方の内々から。道中も外に出すタイミングがなく、終始本来の走りがみられぬまま、結果11着での入線となっています。
「暑くもないのに本馬だけ発汗が激しかったですし、パドックではチャカチャカ。返し馬に入る際もぶっ飛んで行くなど、初めてのナイターに戸惑ったのか、レース前にテンションが上がりきってしまいましたね。ゲート内でも後ろを気にしてソワソワしていたように、今日は全く競馬になりませんでした。背中の感触は悪くなく、能力はある馬だと思うのですが、いかんせん今日は気持ちが高ぶりすぎました」(今野騎手)
「レース自体も内枠で全く競馬をさせもらえず、つねに砂を被り続ける苦しい展開になってしまいましたが、それより何より、今日の敗因はテンションの高さ。上がりの馬の様子をよく観察していたところ、フケのような仕草が見て取れましたので、どうやらこのあたりが影響してのものだと思われます。まずは厩舎に戻して様子を窺い、周期が治まるタイミングを見計らってまた競馬に向かっていきましょう」(森調教師)
◆馬のテンションが高かったとは言え、思いもかけない大敗に肝を冷やしましたが、調教師によれば「おそらくフケ(発情)だろう」とのこと。競馬に行く前に終わっていたのであれば、今日のところは致し方ありません。敗因がハッキリとしているだけに、ここは気分を切り替え、次走に改めて期待。師と相談をしながら、ローテを考えていきたいと思います。(HTC)



えっと、先ほど(って髄分前に戻ってますが)帰ってまいりました。
まず初めての川崎競馬場ですが、個人的にはとても好きな競馬場でした。まぁ大井に近いと言えば当たり前かもしれませんが、馬と近いのが凄く良い。競馬の素人を連れて行くには最適かと思います。全日本2歳にメトロノースの応援に行こうかとも思ってしまいました。それぐらい気にいりました。今後もチョコチョコ行きたいと思いますが、若干遠いんですよね・・・

まぁそれはともかく、本日ガーデンスタイルのレースを初めて生観戦したわけですが、惨憺たる結果に終わりました。
8Rが終わってパドックに張り付いて見ていたのですが、まぁ入ってきたときから入れ込んでました。周回を重ねていくにつれて落ち着いてはきたのですが、発汗が目立つ。そして極めつけがジョッキーが乗って馬場に向かう最後の周回で大暴れ。あれだけパドックで暴れている馬を久しぶりに見ましたが、まさかそれが自分の出資馬とはw

騎手のコメントでも言っているように競馬する前に今日は終わっていた感じです。
正直マイナス11キロという事で誰の目にも「輸送に失敗したな」と分かる位ガレていたと思います。正直ガッカリ。パドックを見るまでは、「これが中央馬だぞ」という姿を見せてくれる事を期待してましたが、正直今日のメンバーに入って埋もれていると言うか何と言うか

他の馬(地方馬)の方が全然良く見える

という出資者にしてみたら非常に辛い現実を突きつけられました。
「まぁ駄目だろうな」と思いながらも単勝を2000円と馬単のフォーメーションを2000円分購入(1着付けをガーデンとスマートキャリーで流し)。当初は単勝1万逝くつもりでしたから、その自信の無さがわかりますよね?w

レースはスタートで後手を踏み、後方のまま。スタンニングのレースを見ているようで辛かったです。まぁ今回は仕方ないとは思います。森調教師がフケというのであれば、牝馬である以上仕方ないでしょう。ただ、フケだけが理由とも思えないんですよね。今日見たガーデンの姿からは、立て直したとしても1000万クラスで勝負できるようなオーラを感じる事はありませんでした。500万クラスはメンバー次第では何とかなるかもしれませんがその先は厳しいように思います。今の所途中で投げ出すつもりはありませんが、それとてずっと2桁着順を繰り返すようならさっさと放棄して広尾撤退に踏み切ると思います。次走は何時頃になるのか分かりませんが、冷静に見極めたいと思います。

追記

今日ガーデンが負けたレースの2着馬のスマートキャリーですが、物凄い良い馬でした。確かにホーリーブル産駒の外国馬で川島厩舎ですから、単なる「地方馬」ではないのでしょうが素敵でした。馬券もフォーメーション流しにしないでボックスにしていれば6000円台の馬券獲れたんですがねぇ・・・今日はやる事なすこと駄目でしたw
posted by めてお at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ガーデンスタイル(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック