ジックリ仕上げてもらいましょう 目指せ!!Grade1 一口馬主の道

2008年06月25日

ジックリ仕上げてもらいましょう

ストゥレガーレ


25日はゲート練習。「ソエは残りますが、気にならない程度です。ここに来て、ゲートで悪いところを見せるようになってきてしまいました。もぐって見せたりと、兄のレグルスキッドに似た素振りを見せています。できれば縛りはしたくないので、ゆっくり進めたいと思います」(木原師)



兄貴のレグルスキットはオペラハウス産駒ですからまた違うとは思うのですが、兄弟ですから似てくるでしょう。そうすると兄弟の癖を知っているスタッフがいるというのは心強いですね。
そもそもこんな早いうちから入厩するだなんて思っていなかった馬ですからゆっくりやってもらいましょう。父タニノギムレットから考えても小倉や北海道よりも新潟の方が向く馬でしょうから、最終週あたりに間に合ってくれれば最高なんですけどね。
posted by めてお at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 引退馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック