目指せ!!Grade1 一口馬主の道

2012年12月04日

本当にショックで・・・

アンプリファイア

12/4  引退
「この中間に試験開腹を行い、病理検査のために検体を酪農大学へ送っていますが、腸管に悪性のリンパ腫ができていることが判明しました。このような状況では現役を続けることはできませんし、発見が難しいということだけでなくそれ以上に治療が非常に難しい症例で馬に負担をかけるだけになってしまうため、残念ながら安楽死の処置がとられました。まだ2歳でこれからの馬と思っていただけにこのようなご報告となってしまい大変心苦しいですし、何よりご声援いただいておりました会員の皆様には大変申し訳なく思っております」(空港担当者)

「夏の競馬を使ってからだいぶ経ったけれど、なかなか良くならないということを聞いていました。少しでもストレスのかからないように各牧場でも工夫しながら良化を図ろうとしてくれていたので、思うように変わらない状況を聞いてこちらとしても心配していたんです。ウチの厩舎にとってこの世代の牝馬はアンプリファイアが特に頑張ってもらわないといけないと期待もかけていただけに、まさかこのようなことになるとは思ってもみませんでした。ただ、病ということですし、こればかりはどうしようもありません。ショックは非常に大きいですが、安らかに眠ってほしいです」(大久保洋師)

ここまで時間をかけて様々な可能性を探ってきましたが、この中間に行った病理検査で悪性のリンパ腫を発症していることが判明し、治療が難しいことから安楽死の処置がとられました。最悪の事態となりましたことを深くお詫び申し上げます。近日中に競走馬登録を抹消することとなりますが、出資されている会員の皆様には後日改めて書面をお送りいたします。


数ある愛馬の引退を見てきましたが、安楽死という結果は初めてなので辛いです。命が繋がると言うのがどれだけ意味のあることであり、サラブレットにとって難しい事なのか改めて考えさせられました。

ここ数ヶ月の更新から嫌な予感はしてましたが、ここまでの最悪の結果は予想できません。でもアンプリファイアには痛さや苦しみから解放されてホッとしてるのかもしれませんね。
新馬戦内容から結構楽しませてくれると思っていましたし、洋吉節も楽しみにしていただけにもうね・・・牧場見学で間近で見られたのがせめてもの救いです。アンプリファイアの冥福をお祈りいたします。

それにしてもアンプリファイアもそうですが前年のレチャーダと言い愛馬が2年連続で脚元の怪我ではなく病魔で引退してしまいました。スルーレートの血統は結構長く走ってくれる馬が多い印象だったので体質は問題ないと思っていたんですけどね。残念です。

posted by めてお at 21:23| Comment(0) | アンプリファイア(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リアル引退

リアルアヴェニュー

11/26  引退
「先週の木曜日にやや強い薬で治療を行い、経過を見てきたのですが心電図の波形が一瞬だけは正常に戻るものの、すぐにまた元の状態に戻ってしまいました。そこで、獣医師とも相談し違った薬を用いることになり、土曜日に投与したのですがそれでもダメでした。そこで、日曜日にはさらに投与する量を増やしたのですが、結果は変わりませんでした。これだけ長くなるのは本当にトレセン内外でもあまり症例がないようで、いろいろな獣医の意見を聞いていたなかで『それだけ長いとなると、単純な心房細動ではなく、心筋自体にダメージを負っていて、完治させるのは難しい。これ以上、投与する量を増やすと死んでしまう可能性もある』ということでした。ここまでの約10日間よく治療に耐えてくれましたが、さらに強い薬で危険にさらすくらいであれば、今の状態をキープさせてやって激しい運動を行わない乗馬として歩んでいける道を残してあげたほうがリアルのためだと思います。ウチの厩舎に所属した馬が引退して、その後多く面倒を見てもらっている乗馬クラブであれば獣医がしっかりと見てくれる環境にありますし、治療を継続しながら命をつないであげたいと思います」(堀師)

17日のレース直後から心房細動の症状が続いており、これ以上治療を続けたとしても競走馬として再度レースへ出走させるのは難しい状況です。このようなことから堀宣行調教師と協議を行い、近日中に中央競馬登録を抹消することになりました。会員の皆様にはまことに残念なことと存じますが、何とぞご理解賜りますようお願い申し上げます。なお、本馬に出資されています会員の方へは、追って書面をもってご案内いたします。


命が繋がっただけ良かったと思うしかありませんが本当に残念。
好走できる条件が限られていましたが、勝つ時は圧勝という気持ちの良いレースをしてくれる馬だったので大好きでした。私個人としては重賞の夢を見ていました。まぁそれは出資者の贔屓目ですが、1000万条件で地味に稼いでくれる存在だったので長く現役を続けて欲しかった・・・夢半ばで終わってしまったのは悔しいの一言です。

私はこの馬に出資するまでは堀厩舎は「放置系NG厩舎」という認識だったのですが、この馬に接する堀厩舎の仕事ぶりを見て堀ファンになったと言っても過言ではありません。
キャロット会員さんはリアルインパクトを出したことやストロングリターン、ダークシャドウ等の活躍馬でNG認定を外したと言う方も多いとは思いますが、私はリアルアヴェニューです。ずっと脚元の骨瘤という爆弾と付き合いながらしっかり適正を把握して3つ勝たせたのは堀厩舎のスタッフの皆様の日々の仕事のお陰だと思っています(並の厩舎なら未勝利勝った後脚部不安でとっくに引退している)。なのでこの後堀厩舎の預託馬としてファステストスターエルマンボと出資しました。ファステストスターは結果出ませんでしたが、違う意味で堀厩舎の素晴しさを体感できました。ダメな馬についてはスパッと諦めダラダタと未練を残さない姿勢は賛否両論あろうかと思いますが個人的には評価してます。

まぁ堀厩舎絶賛エントリになってしまいましたがそれだけリアルが私に残してくれたものは大きかったと言うことです。1歳馬は予算の関係で縁がありませんでしたが来年以降も堀厩舎馬は積極的に見ていこうと思います。リアルアヴェニューが届かなかった舞台にいつか堀厩舎の馬でたどり着きたいですね。

最後にリアルお疲れ様。そして短い間でしたがありがとうございました。
posted by めてお at 21:06| Comment(2) | リアルアヴェニュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

頼むよ〜

エルマンボ

12/4  NFしがらき
坂路でハロン18秒程度のキャンター調整を行っています。「坂路で軽く乗り出していますが、左膝上部の状態は特に変わりなく、歩様も問題ありません。坂路で動かし出しましたので、近々一応エコーを撮ってみる予定です。馬は元気いっぱいで体調は良さそうです」(NFしがらき担当者)


一応脚元については万全とはいえないまでも何とかなりそうですかね?
正直エルマンボがダメだとキャロット継続する自信が無いです・・・
posted by めてお at 20:31| Comment(0) | エルマンボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一山越えたか

ロケットダッシュ

12/4  NF空港
トレッドミルでハロン22秒のキャンターと週3回は屋内コースでハロン16秒のキャンターを行っています。「運動を継続しても右前脚の状態は安定していますし、その他の部分も気になることはありませんね。今後も現状のペースでしっかりと慣らしつつ、次の段階に備えていきます。馬体重は514キロです」(空港担当者)


一山越えたかなぁという感じ。ただハロン16秒って早い1歳馬がやれているレベルですし、右脚の事を担当者が毎回触れている時点でマダマダ予断は許しませんね。頼むよ〜
posted by めてお at 20:22| Comment(0) | ロケットダッシュ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

うーん

マージービート

12/4  NF天栄
周回コースでハロン18秒程度のキャンター調整を行っています。「引き続き普通キャンター程度をベースにしてじっくり乗り込んでいますが、トモは大きな良化こそないものの、維持しつつ進められているので順調と言えるのではないでしょうか。力みという点で課題もありますし、少しでも落ち着いて走れるように接していければと思っています。定期的に調教師も来場されるので、その都度相談しながら目標を徐々に定めていければと考えているところです」(天栄担当者)


キャロ勢が大分寂しくなってきましたので頑張ってもらいたいところですが、多少時間がかかりそうな雰囲気ですね。うーん

posted by めてお at 20:19| Comment(0) | マージービート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする