目指せ!!Grade1 一口馬主の道

2012年10月26日

続戦かぁ・・・

レッドアリオン


12.10.24 

(橋口厩舎)
橋口調教師「レース後も馬体に問題はないですよ。ただ、レースではテンションが高くてゲートも良くなかったからね。この後も続戦の予定ですが、中3週くらいは空けたいと思っています」

12.10.25 

(橋口厩舎)
助手「昨日から乗り出しを開始して、今日は軽く坂路で乗ってみました。レースではテンションが上がっていましたが、もう落ち着いていますし、脚元含め体調面も問題なさそうです。おそらく中3週で京都のマイル辺りを目指すことになると思います。中間はゲート練習も行う予定でいます」


放牧無しで続戦ですか・・・まぁ3週空けるのはせめてもの救いだとは思いますが馬がもしSOSを発したら、ちゃんと休みを入れてやって欲しいと思います。

これまでの3戦のベストパフォーマンスは2戦目ですが、そこは人の都合で中1週でした。今後は馬優先主義で慎重に使って欲しいものです。一応公式には17日(土)京都となっています。騎手は未定との事でそこは嬉しいかもw
posted by めてお at 22:03| Comment(7) | レッドアリオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もう少しクレバーに敗因を分析しようよ

レッドデセーオ

12.10.24 

(庄野厩舎)
庄野調教師「レース後も特に変わりないですよ。今日まで引き運動で体を戻すことに専念してきましたが、馬体等に不安もないですし、レースは気の悪さが出てしまったようですね。この後、様子を見て問題ないようなら、福島で使うことも考えています」

12.10.25 

(庄野厩舎)
庄野調教師「軽く乗ってみましたが、特に問題なさそうですよ。レースは被されて嫌気を出してしまったのかもしれません。このまま次走に向けて調整していきます」


前走の敗因を単純な「気の悪さ」の一言で片付けてしまうところが庄野クオリティ。
この人のところにはどんな良い馬を預けても条件馬で終わるでしょうね。

私は調教師にはもっとレースを良く見て、馬の状態を良く見て、そして馬に足りないところが何なのか、そしてその弱点を克服する方法が有るのか無いのか、補う番組が有るのか無いのか、そういった事を考えてを突き詰めて欲しいんです。それで「万全尽くした」と思えば納得するんです。

番組選択が抜群の矢作師の様になれとは言わない。勿論角居師の様になって欲しいとも思わない。でもグルーヴァーの更新を見た後にデセーオの更新を見ると彼女が不憫でならない。
posted by めてお at 21:58| Comment(0) | レッドデセーオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

下手すりゃ東京開催デビューか??

レッドルーファス


12.10.26 

(ファンタストクラブ)
担当スタッフ「先週、かなり速いところをやったので、今日は軽めにとどめています。動きはものすごく良いですね。並の馬ではないなと思って見ています。やればやるだけ動いてしまうので、今はテンションをどうセーブするかが課題。放せば掛かり気味に行ってしまいそうな雰囲気が出てきています。そういう面が出てきたことで飼い葉の食いも落ちてきたので、移動前に体をふっくらさせるよう心がけています。先生からは11月5日頃に移動と伺っています。トレセンで何本かやればすぐに仕上がりそうな状態になってきているので、こちらではあまり気を乗せないようガス抜きをしながら移動に備えたいと思います」


なんだかミホ分場を経由せずに直接トレセンに入れるような物言いですね。それはそれで物凄く嬉しいです。心配材料が一つでも減るってのは素晴しい事ですからって前の日の更新で今週末ミホ分場に移動ってなってるぢゃないww

それにしてもこの更新。ファンタストなのでコメント6掛けとしても世代重賞位には出走できるんじゃないかと思われてしまう内容。ちょっと楽しみなんですよね。デビュー戦はどんな用事があってもパドックに張り付きたいと思います。なので福島デビューとかは止めてねカズーww

でさ、結局怪我は屈腱炎なの?

レッドコースト


12.10.26 

(ファンタストクラブ)
担当スタッフ「メニューはこれまで同様、屋内ダートで速歩2400m。獣医からは次のステップに移行してもいいと許可を得ているのですが、先生を含めた最終的な話し合いの下、念のためもう一ヶ月はじっくり進めようということで今のメニューを続けています。11月に入ったら、再度脚元の状態を確認して、不安がないようなら次のステップに移行ということになると思います」


どうせ来年の4月なんだからこんな調子で構わないんですが、コーストの怪我は屈腱炎なのか違うのかハッキリして欲しいんですがね。少なくともファンタストでの調整は軽い屈腱炎と言われても何ら不思議ではないものだと思いますので。

もう足向けて寝れねぇって

レッドグルーヴァー


12.10.26 

(那須トレーニングファーム)
担当スタッフ「先週は角馬場の土塁障害を飛んだ後、ゲートに向かって突進して行くなどヤンチャな面を見せていましたが、今週はフラットワークをしていてもスムーズで、だいぶコントロール性が上がって来ました。この感じならこのまま進めて行けそうなので、次のステップとして中土塁を飛ばす練習を行いたいと思っています。こちらに着いた当初は線の細い印象がありましたが、トラックでの動きを見ていても体に実が入っているのが分かりますし、力強さが出て来ていて、バネの効いた走りが出来るようになっていますよ。障害練習の効果が表れていますね」


もしこの休養でグルーヴァーに劇的な変化が見られたらもう角居師に逆らう事はできません。何でこうも最善策と思える手を打てるんだろうか? まぁ復帰したら案外の可能性は勿論ありますから復帰戦を見てからになりますが、福島の未勝利勝ちのポテンシャルを信じている身をしては今回の更新は本当に嬉しい。

本当なら出資馬を全て角居師の馬で固めたい。でもキャロットでは母優先があって出資できないもんなぁ・・・せめて1頭は母優先が無い馬を募集してほしいものです。キューの血統とかねww
posted by めてお at 21:32| Comment(0) | レッドグルーヴァー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

準備完了

レッドジョーカー

12.10.26 

(ミホ分場)
マシン60分、ダク1200m、キャンター1800m。
担当スタッフ「先週末にオゾン治療をしました、そのせいか、歩様の硬さや体全体の張りも取れて良くなって来ています。この後も、いつでも入厩できるようにしっかり乗り込んで行きます」


ミホ分場に居ますからカズー馬房埋め要員として準備完了ですw 後は1軍メンバーの短期放牧入れ替えの時にしっかりと走れるかどうか。秋のチャンスを掴まないとずっとこの扱いが引退まで続きますから、ガラリ一変の走りを期待したいのですがね。
正直まだどんな馬なのか分からないんですよね。生粋のダート馬とは思えないし、芝でもダートでももう少しやれても良い馬だと思うんですが・・・

まだかなぁ

レッドマーベル


12.10.26 

(宇治田原優駿S)
担当スタッフ「引き続き、コースと坂路を併用してじっくり乗り込んでいます。欲を言えばトモの辺りにもう少し肉が欲しいところですが、それでもひと頃に比べれば良化してきました。全体的に状態は上がってきています。移動の声が掛かるまで、更なる良化を目指して乗り込んでいきます」


そろそろ前走から1年経ちます。軽い屈腱炎や骨折休養ぐらいの長さですねぇ。もう前走どんなレースしたか覚えていないしw
流石にこの休養明け1戦2戦である程度のレースをしないと厳しくなってきますから馬には頑張ってもらわないと。福島開催あたりで復帰とも思ったんですが、もう少し先になりそうな感じもしますね。歯がゆいです。
posted by めてお at 21:19| Comment(0) | レッドマーベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

どうなるのかねぇ

レッドセインツ


12.10.26 

(ノーザンファーム早来)
担当スタッフ「この中間もトレッドミルでの常歩とダクでの調整を消化しています。体調も脚元の状況も安定していますし、順調にメニューを進めることができているかと思います。今後も現行のメニューで進めていくことになるかと思いますが、患部の変化を見逃さないように注意していきます」


正直セインツが復帰できるイメージが湧かないんですよね。
「セインツは時間がかかります」というのは牧場見学時に聞いています。1年なのか、2年なのか・・・それとももっと先なのか。必要以上の治療は馬にとっても出資者にとってもマイナスですから、クラブとしてもある程度のタイミングで決断する必要はあるはずです。
posted by めてお at 21:15| Comment(0) | レッドセインツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする