目指せ!!Grade1 一口馬主の道

2012年06月06日

この対応が嬉しいのです

マージービート


6/6  金成厩舎
6日は軽めの調整を行いました。「先週はよく頑張ってくれましたね。力を問われる舞台設定なだけに不安も多少なりともありましたが、お父さん自身、そして産駒も得意としている舞台で血が騒いでくれたでしょうか。大きなことは言えないかもしれませんが、コツコツ頑張ってもらって皆様に少しでも喜んでいただけるようにこれからも取り組んでいきたいと思っています。現在はレース後の状態を見ている最中ですが、今回も使ったなりの疲れがあるだけで脚元や馬体に目立ったダメージはありませんよ。そうは言ってもしっかり見てあげないといけませんから、引き続きよく確認してしっかりケアしていきます。次については検討した結果、函館の長距離戦を目指そうかと考えています。少しタフな馬場で持ち前の持久力を活かせそうですからね。移動などの段取りを含めて最終決定はもう少ししてからになりますが、最短で函館3週目の2600mを第一に考えます。万が一、馬の体調と照らし合わせてスケジュールが厳しいようならばその際は柔軟に考え直すつもりです」(金成師)今のところ24日の函館競馬(3歳上500万下・芝2600m)に出走を予定しています。


本当に素晴しいですね。
デセーオの調教師のようにバカみたいに「最高のパフォーマンスをお見せする」なんてコメントを聞くと本当にガッカリするんですが、金成師のように「大きなことは・・・」と言いつつも前を向いている姿勢に本当に共感します。よっぽどプロとして馬と向き合い、そして適切な判断が出来ていますよね。前走を踏まえて「すぐにこのクラスなら・・・」的な更新ならガッカリだったわけですが、流石です。

きりたさんも書かれていますが今週の更新が前走を踏まえて浮ついた更新だったら少しガッカリしたと思うんですよね。500万はいつの日か運が向いて、全てが上手くいった時には勝てる日が来るのではと思っています。ただ自力で勝てる馬ではありませんからね。芝の長距離という(ダートでも良いとは思いますが)舞台を使い続ける姿勢を支持したいと思います。
posted by めてお at 23:19| Comment(2) | マージービート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

そして既定路線の放牧へ

フェリスタス


6/6  村山厩舎
6日は軽めの調整を行いました。「レース後の様子を見ていますが、極端にここが悪いという感じはないものの、全体的には使ったなりの疲れは感じさせますね。調教師が北海道に出張に出ているのでもうしばらく馬の状態を確認しながら今後どうするかを決めていくことになるでしょうが、優先権を持っていませんし、心身のケアのために放牧に出すことも視野に入れていくことになりそうです」(担当助手)


まぁ他の馬の出資者のブログとかを拝見して村山厩舎のやり方は嵌らないと厳しいなぁと思っていましたが、どうやら嵌りそうにないですね。まぁフェリスタスの場合は馬に問題ありなんでしょうが。

放牧→帰厩後10日前後でレース→惨敗で優先権とれず→放牧

こうなるから皆さん怒るんでしょう。少しでも手元で「馬と向き合ってますよ」的な事があれば違うと思います。師匠を見習って欲しいところではありますね。
posted by めてお at 23:05| Comment(0) | フェリスタス(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

じっくり行こう

アンプリファイア


6/5  NF天栄
坂路でハロン17秒のキャンター調整を行っています。「先週末にこちらへ移動してきました。様子を見ながら少しずつ動かしていて今朝は坂路でキャンター調教を行っています。全体的にまだ頼りないという印象は残りますが、力がつききっていない2歳馬ですから仕方ない部分もあるでしょう。まだ詳細は決まっていませんが、トレセンへの移動を視野に入れてこちらへやって来たわけですし、じっくり乗り込みながら調教師と相談しつつ調整を行っていきます」(天栄担当者)


焦る時期ではないの、でじっくり乗り込みするのは賛成。そもそも頓挫で空港牧場で乗り込み出来ない時期がありましたから調教本数も足りていないでしょうからしっかり乗り込んでいただきましょう。

キャロの2歳がここのところ悪い流れになっていますから焦らずに馬のペースで行きましょう。
posted by めてお at 22:58| Comment(0) | アンプリファイア(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする