目指せ!!Grade1 一口馬主の道

2012年05月04日

今週の出走

チーム相談役今週の出走です。

5/05(土) 新潟6R 3歳未勝利 ビキニブロンド(ボーノ)

5/05(土) 京都6R 3歳500万円以下 メテオライト(レプティリア)

5/05(土) 東京11R プリンシパルS アルキメデス(firstroad)

5/05(土) 京都11R 京都新聞杯(GU) トーセンホマレボシ
                (AITO、テド、レプティリア)

5/06(日) 東京5R 3歳未勝利 シャドウパーティー(firstroad、レプティリア)

5/06(日) 京都5R 3歳未勝利 ストレートラブ
         (ドゥトラ、ボーノ、かっつん、半可通、テド、なかれもん、めてお)


以上です。
まずは7名指名のストレートラブですね。正直あの指名時期にこの馬を推薦していた自分をぶん殴りたい気分ですww 本当に申しわけなかとです・・・・何とか一矢報いて欲しいってこれで2012−2013シーズンをスルーすると走られたりするんでしょうねぇw

土曜の東西メインにはアルキメデスとトーセンホマレボシ。トーセンは内枠を引いてのウィリアムズですから結構色気をもって臨めるのではないでしょうか? なかれもんさんのエキストラエンドも居ますし楽しみですね。プリンシパルはカズヲ厩舎のスピルバーグが一番人気でしょうか? 松岡の強気の先行策が嵌れば権利取りもと思います。1着馬しか権利が無いのが辛いですけどね。

NHKマイルには出走馬ゼロ。ちなみに炎の十番勝負もジェンティルドンナにしましたからポイント0w
ここは かっつんさんのリアル出資馬のアルフレードに期待したいと思います。私が単勝勝ったり連軸にするとろくなことないので、ボックス買いの予定。頑張れ!!
posted by めてお at 19:33| Comment(2) | POG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

芝でいけるのか?

レッドルーファス

12.05.03 

(藤沢厩舎)
曳き運動後、坂路下の輪乗り場でダクを10分くらい踏み、その後、坂路で1本乗る。
 美浦坂路 61.1-45.5-30.3-15.0 馬なり
杉原騎手「昨日入厩して来たばかりなので、今日は坂路1本を15−15くらいのペースで乗って調整しました。入厩翌日ですが、思っていたより落ち着きもありましたよ。乗っていてツナギの柔らかい馬で、弾むようなフットワークなのでなかなか良いですね。キャンターに行ってもしっかり誘導できましたし、そのあたりもしっかりしていると思います。さすがに上がって来てからは、少しうるさいところを見せてはいましたが、これからやって行って、どこまで良くなるか楽しみですね。初日としては良かったと思います」


あと約1ヶ月後ですが、もう楽しみで楽しみで。

「ツナギの柔らかい馬」という表記がカズーのダート血統馬に行った出資者にとってどれだけ救われる言葉かを理解しているのだとしたら杉原騎手はタダモノデハナイww

ちょっとちょっとぉぉぉぉぉ

レッドデセーオ


12.05.03 

(庄野厩舎)
厩舎周りで乗り運動60分、角馬場でダクと軽めのキャンター30分。
助手「肌艶も良いし、目立ったダメージはなさそうですね。コンディションは安定しています。次走に向けて、一旦気持ちと体を緩めてやるような調整を行なっています。前走までコツコツ乗り込んできたので、多少緩めたところで、全く問題ないですよ。今のところ、このまま厩舎で調整していくので、一旦、完全にシフトダウンしてやるぐらいで丁度いいと思います。飼い葉の食いは安定。爽やかな陽気と適度な運動で、気持ちも充実しているんだろうね。食後はそそくさと横になり、目を細めて休息を取っているよ。まだはっきりとした次走の予定は立っていません。あくまでもデセーオの状態次第なので、今は状態に合わせて軽く息抜きしてもらっています」


デセーオの出資者の方でこの方針に納得される方はいらっしゃるのだろうか?

去年の顛末を体験したものとしては不安以外何者でもありません。意識的に体を緩めるのは別に構わないけれども庄野厩舎には元に戻せる技術は無いとさえ思うのですよ。何を過信しているんだか?

クラブがこの厩舎に預託する以上仕方ないと思いますが、ちょっと疲れました。せっかく喜んだ次の週にこういうのを見せられると怒りを通り越して呆れます。
posted by めてお at 16:02| Comment(0) | レッドデセーオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

次はキー坊

レッドジョーカー


12.05.03 

(藤沢厩舎)
乗り運動後、北150m角馬場でダクを10分くらい乗る。
担当助手「今日は追い切った翌日なので、いつものように隊列を組んでダクだけ乗って調整しました。歩様もしっかりしていましたし、今までより落ち着きもあったので、追い切った後も問題ないですよ。今は以前より飼葉もしっかり食べていて、体の張りも良く、毛艶も良い頃の感じになっています。競馬は来週ですが、良い感じで来ていると思いますよ。明日からは普通に乗って行きます。来週のレースは北村宏騎手を予定しています」


ノリさんを抑えられなかったのは残念です。
キー坊は以前の記憶が抜け切れていないのですが、正直腕上げましたよね?
ジョーカーみたいなタイプにはあっていそうな気もしますし楽しみにしたいです。内枠引け〜

求む砂適性

レッドグルーヴァー

12.05.03 

(角居厩舎)
森林逍遥馬道で乗り運動60分後、プール調教。
角居調教師「乗り運動は私が乗りました。ハミ受けを重点に確認しましたが、はじめは良かったのですが苦しくなってくるとハミから逃げたり、頭を振ったりしていましたね。ハミの取る範囲が狭いのかもしれません。乗り運動の時からそういった点も確認しつつ、課題をクリアしていきたいですね。その後、もう少し負荷を掛けたかったので、リフレシュもかねてプール調整をしました。明日もこの内容で進めて、週末辺りからキャンターを始める予定です」

助手「なんとか権利は取りたかったのですが、残念でしたね。少し体は減っていますが、見た目には問題ないので、すぐ立て直せると思います。次走は、芝・ダート、両方を検討しています


角居厩舎の素晴しさが凝縮されている更新だと思います。
以前とは違って馬房の回転率重視の傾向はありますし、育成牧場→超スパルタ調教 で壊れる馬も多い。巷ではクラッシャー的な呼ばれ方をされているのも存じてますが、この対応だからこそ角居厩舎預託予定馬に出資したくなるんですよね。

並の上位厩舎(って意味分からないですが、西○厩舎とかです)ならグルーヴァー程度の成績では即放牧→スーパー未勝利の前あたりで復活と言うのが路線ですが、この馬については厩舎のエース級や期待馬で溢れている時期にも関らず在厩で見てもらえる。仮にこれだけ手をかけてもらった上で未勝利で終わったとしても諦めもつくってもんです。
次走についてはダートも視野に入った様子。正直前走位で試して欲しかったのですが、デビュー戦から一度たりとも同じ条件を使わずにいろいろ可能性を試しているのが見て取れますから文句なんてあるわけがない。芝の2000では行きたがって、1400では追走に苦労する馬ですからダートの1800あたりを使ってどのようなレースをするかだと思います。砂適性あって欲しいです(切実)
posted by めてお at 15:53| Comment(0) | レッドグルーヴァー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする