目指せ!!Grade1 一口馬主の道

2012年03月29日

ジックリジックリ

フェリスタス


3/28  村山厩舎
28日は栗東坂路で追い切りました(57秒8−42秒7−29秒0−14秒6)。「今朝は坂路で追い切っていますが、トレセンでの追い切りは初めてでしたし、15−15を少し上回る程度にサラッとやっています。まだ軽めのものなので極端にどうこうということはないのですが、やはり動き自体はまだこれから磨きをかけていかなければならないと感じますし、もちろん時計を詰めいく必要もあります。ここまで調教本数を乗っている訳ではありませんので、現状では目標を設定してそこに向けて調整すると言うよりはもう少し動きを見ながらどのあたりを使えそうか調教師と相談していくことになると思います」(担当助手)


ジックリ行きましょうジックリと。4月末ぐらいに初戦を迎えられれば御の字です。
デビューが決定するまで気は抜けませんが、全身麻酔の開腹手術をした馬がよくぞここまでという感想です。
posted by めてお at 23:58| Comment(0) | フェリスタス(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

器は大きいのかもしれないが

レッドグルーヴァー


12.03.29 

(角居厩舎)
厩舎周りで曳き運動の調整。
助手「馬体や脚元に追い切りの反動はないですね。最後まで真面目に走っていないのだから、当然といえば当然ですが…。馬体重は454キロ。毛艶は良いし、見栄えのする格好良い馬体。ただ、まだ中身が伴っていない分、見た目の感じからすると軽いですね。もっと増えていいですよ。まだ各部に筋肉が付き切っていないのかもしれません。それにまだ何かにつけて無駄な面が多いです。先日なんて、馬服を着せてやったのに、5分も経たないうちにビリビリに破いてしまいました。それも2回続けて(苦笑)。そんなに服が着たくなかったんですかね。今はもう着せていませんよ(笑)。そういったことも含めて、もう少し気持ちがドッシリと落ち着いてくれば、走りにも現れてくると思うんです。レースは少し延びますが、心身の成長を促しながら、しっかり鍛えていきますよ」

12.03.28 

(角居厩舎)
乗り運動で逍遥馬道を通り、角馬場でダクと軽めのキャンター20分後、坂路にて併せの内で追い切る。
 川田J 54.0−0 −27.8−14.4 一杯
角居調教師「今日はブリンカーをつけて追い切っています。上手に丸まって、ハミをきちんと受けているように見えたのですが、騎手によるとハミに手応えがなく、そのため終いも伸び切れなかったようです。体も筋肉も柔らかい馬で、あれ程綺麗にハミを受けたように丸まっていたら、普通の馬なら苦しくなって歩くことすらできないのだけれど、この馬は出来てしまうようです。痛いところもないし、体もかなり好い雰囲気で戻って来てくれたのだけど…。馬が賢すぎるのかもしれません。来週辺りのレースを考えていましたが、これは少し時間をかけて作っていかないといけませんね。動きが変わってくるようなら、4月14日(土)の阪神・芝1400mでの出走を考えています」



非常に厳しい言葉が並んでおります。これは相当厳しそうだ・・・ただ出資者的にはまだ望みがあるような気もしてますし、うまく嵌れば爆発しそうな気もします。そう考えると角居厩舎所属というのは最高の環境。この厩舎で素質が開花というか気性的な問題で出世できなかったら諦められますから。

一応狙っていた復帰戦は1400。まずは距離を短くして適性を図りたいのでしょうね。
posted by めてお at 23:20| Comment(0) | レッドグルーヴァー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

浮かれてんじゃねぇ

レッドデセーオ


12.03.29 

(庄野厩舎)
厩舎周りで曳き運動の調整。
助手「精神的に大人になったのを感じますね。以前は、体が追いつかず気持ちばかりが空回りしていましたが、今はそんな感じがありません。調整に関しても、まだ少し早いかなと思いつつ課してみた課題を、きちんとクリア。体の方も徐々に丸みが出て、張り艶が戻ってきました。今日の検量で500キロありましたが、上背も伸びているので、もっとパワーアップしてもいいですね。飼い葉は、ようやく以前のようにモリモリ食べるようになってきました。余談ですが、厩の中のデセーオは、壁にお尻がピタッと付くぐらいまで後ろに下がって、奥の方で休みます。昨日はその指定の休憩場所で、『ドカベン』のキャラクターの様に、牧草を一本だけ口の端からヒョロッと出してくつろいでいましたよ(笑)」

12.03.28 

(庄野厩舎)
厩舎周りで乗り運動60分、逍遥馬道を通り、坂路下の角馬場でダク10分後、軽めに坂路1本。
 助手 58.4−42.5−27.9−13.5 馬なり
助手「楽でしたね。予定の時計が出ているのかと心配になるくらい楽な手応えで、普通キャンターを乗っているような錯覚に陥りましたよ。実際の時計はほぼ指示通り。溜めが利いていたし、仕掛けたら一気に弾けんばかりでしたよ。以前は一本調子の走りでしたが、馬に芯が入ったことで、走りもしっかりしてきましたね。手前もきちんと合わせられるようになり、前より器用なところも見せています。先週末に周回コースで調整したこともあり、息づかいなどもスムーズになっています。今のところ、4月28日(土)の京都・ダ1800(牝)を予定しています。目標に向け、メリハリをつけながらジワーッと体調を上げていきます。一皮むけたデセーオの姿を楽しみにしていて下さいね」



この更新を見て違和感を感じるのですが、デセーオは確かに成長しているのでしょうが、その成長をさせてくれたのは名古屋の角田厩舎であり、宇治田原のスタッフです。すくなくともこの1〜2週の庄野厩舎の仕事ではありません。

デセーオで中央1勝挙げない事には厩舎の評価もできませんし、浮かれたふざけたコメントを残すにはまだまだ実績がありませんよ あなた達は。
posted by めてお at 23:11| Comment(2) | レッドデセーオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする