目指せ!!Grade1 一口馬主の道

2012年01月06日

ポチりました

久しぶりに有馬記念&京都金杯で馬券的に潤ったので(こんな事競馬始めて15年になりますが刃初体験です)、色々と悩んでいました。
レチャーダ&レッドコーストのダメージは想像以上に大きく、ここ数日ポチりたい病と戦っていましたが遂に優柔不断の私も決断いたしました。


ポチるのは決まったのですが、いつもの価値観で行くよりも、せっかくのアブク銭、いつもより割高なものを買ったほうが良いに決まっているだろうという判断になりまして遂に決断いたしました。



















































































と思いましたが、流石に今回は騙されてくれないですよねw
で、追加でポチったのがこの馬


マジックコード201112.jpg


ずっとチェックしていた馬がトップページに警報が出ましたのでねぇ。
本当はとある牝馬にしようと思っていたのですが、その馬についてはマダマダ様子見ができそうなので今回決断となりました。勝ち上がりの可能性は高い血統ですが、2勝目が遠い血統であることも事実。しかも母は高齢・・・金杯の儲けをそのまま入れますw
ただ残口5口。いつぞやの「めてお間に合わない」炸裂かもしれませんが果たして?
posted by めてお at 21:17| Comment(11) | 一口全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

岩田キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!と思ったら・・・

レッドセインツ


12.01.06 

(角居厩舎)
厩舎周りで曳き運動60分の調整。馬体重444キロ。
角居調教師「昨日ポリトラックで追い切ったので、今日は曳き運動の調整。追い切った後、右後肢飛節に腫れが見られましたが、獣医師に診断してもらったところ、熱感も痛みもないとのこと。レントゲン検査の結果も異常はなく、歩様も普通です。今のところは、このままレースに向けて調整していっても問題ないでしょう、との診断を受けました。とりあえず、明日乗ってみた感じと、腫れの具合や脚の動き等を見て先のことを考えたいと思いますが、今のところ予定レースに向けて進めていくつもりです。昨日の動きは良かったし、調整自体は良い雰囲気で進んでいますよ」

12.01.04 

(角居厩舎)
角馬場でダクと軽めのキャンター20分った後、軽めに坂路一本。
 助手 セインツ   58.3−42.4−28.1−13.8 なり
 助手 ミルドリーム 59.0−42.9−28.3−13.8 なり
角居調教師「前走後も、馬体や脚元等に目立った反動は見せていません。硬さの出やすい馬で走りにもそういうところが顕著に出やすいタイプなのですが、今回はそうした面も見せていませんね。体も大きくなっているし、使った後でも良い雰囲気を保っています。次走は、1月14日(土)の京都・逢坂山特別(芝1800)を岩田騎手で予定しています。外回りコースなので良いと思いますよ」



岩田騎手を手配してくれたことに大感謝。まぁ1000万クラスであれば上位に位置している事は前走で証明済みなので確勝を期してもらいたいところにちょっと嫌な更新ですね。

角居師は無理やり使って勝ち鞍を挙げるなんて暴挙はしない先生ですからジャッジに委ねたいと思います。とは言え、京都外回り芝1800はディープ産駒が得意としている舞台ですし相当に楽しみです。来週が待ち遠しい・・・ので右後肢飛節に腫れは角居厩舎だからこそ発見できたレベルの物であって欲しいなぁ。
posted by めてお at 20:46| Comment(0) | レッドセインツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まぁ上向いてきた感じです

レッドグルーヴァー


12.01.06 

(吉澤S)
場長「この中間も変わりなく順調ですよ。行きっぷりも良くなってきましたし、15秒ぐらいなら引っ張り切りの手応えです。ただ、欲を言えば、そこから更にグッとくるものが欲しいですね。まだどこか遊び遊びな一面も残しています。元気一杯で、ソエの方も全く問題ないので、後は本数を重ねていくことでしょうね。中途半端な状態で戻しても、角居厩舎のハードな稽古に耐えられない可能性もありますからね。ここはしっかりと、気持ちの面と体作りをしていきたいと思います」


場長の言い分は仰るとおり。角居厩舎に入厩してもついていけなければこの放牧の意味がありませんのでしっかり作ってもらいたい。気性的に問題ありそうですが何とか覚醒してくれないかなぁ?
posted by めてお at 20:37| Comment(0) | レッドグルーヴァー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

焦らずねぇ・・・

レッドコースト



12.01.06 

(ファンタストクラブ)
担当スタッフ「この中間もマシン運動を続けています。合わせて、脚元のケア・治療も続けています。今月中旬まではマシン運動を続け、それ以降に再度、獣医の診察を受け、その結果でその後のメニューを決めていくことになると思います。あくまでも馬に合わせて、焦らず進めさせてもらいます



客に対する報告なのだから、進めさせていただきますじゃないかねぇ?

まぁ別に焦って何かが産まれる訳ではないので仕方ない部分はあると理解しておりますが、ジョーカーの喉の状態を見誤ったファンタストお抱えの獣医の判断で大丈夫なのかなぁと。まぁどちらにせよ年内デビューできればファンタストを褒めてあげたいと思ってますよ。舎飼では無くマシン運動ができているので、腱鞘炎も思ったほど深刻ではなさそうですけどね。

頑張れ〜

レッドスピリッツ


12.01.06 

(社台ファーム)
担当スタッフ「引き続き、直線走路でしっかり乗り込んでいます。乗り進めても全く問題ない状態ですね。まだそう速いところはやっていませんが、この感じなら様子を見ながら進めていけると思います」



何とか5月ぐらいにはデビューして欲しい。夏場のサバイバルに巻き込まれないようにしてくんないかなぁ・・・

とにかく体質の点で難点がありそうな馬なので、社台Fでリセットしてもらってジックリ基礎体力をつけてもらえれば。貴重な3歳戦力なんで何卒。
posted by めてお at 20:29| Comment(0) | レッドスピリッツ(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ここは休んで問題なし

レッドデセーオ


12.01.06 

(宇治田原優駿S)
担当スタッフ「到着後はマシンでの調整を行っていましたが、昨日から乗り運動を開始しています。年末年始にかけて、疲れからくる皮膚病が出て、2日には蕁麻疹を発症。すぐに治まりましたが、様子を見ながら進めていきたいと思います。以前と比べて上背は伸びていますが、その割には体を細く見せています。これからコンディションを上げていけるよう、馬と相談しながら、ジンワリと調教ペースを上げていきます。馬体重は514キロです」


S師のテンパリ押せ押せローテで勝ちあがれずに地方に行って3ヶ月で3戦。ここは一休みして罰が当たる訳ありません。馬体についても「骨格の成長に筋肉が追いついていない」ってところでしょうか?
だったらジックリ行きましょう。馬体としては素晴しい馬でもありますし牝馬限定ダートならソンナニ無様な競馬はしない素材だと思っていますので見守りたいと思っています。それにしても





















調教師の発表マダー???
posted by めてお at 20:26| Comment(2) | レッドデセーオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まぁファンタストジャッジなので

レッドジョーカー


12.01.06 

(ファンタストクラブ)
ファンタストクラブ石坂氏「正月はひと息入れましたが、4日から乗り出しを開始しています。今後、距離を延ばして、坂路でコンスタントに15−15が出来るようになれば、移動の態勢が整ってくると思います。手術のタイミングとしてはちょうど良かったのかもしれません。毛ヅヤが悪くなる前に乗り出せたので、今も張り艶をキープしていますし、相変わらず立派な馬体をしていますよ」



半年無駄にしたくせにちょうど良いも悪いもなかろうが(怒)

早く仕上がろうぜ

レッドマーベル


12.01.06 

(宇治田原優駿S)
マシン運動60分、周回コースでダクと軽めのキャンター1800m、800m坂路1本(ハロン18秒)。馬体重513キロ。
担当スタッフ「馬体重は増えていますが、その分全体的な緩さを感じますし、時期的なものもあって毛も伸びていますね。コンスタントに乗って、状態が上がってくるのを待ちたいと思います」



北海道に居る訳では無いので次走が半年先とかは流石に無いとは思いますが、この調子ではマダマダですね。3月4月くらい? 
でもその時期はファインチョイスを始めとする3歳馬達に馬房は占拠されていると思われるのですが・・・
posted by めてお at 20:18| Comment(0) | レッドマーベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

輸送が上手くいけば

リアルアヴェニュー


1/6  堀厩舎
4日は美浦南Wコースで追い切りました(69秒3−53秒6−38秒4−13秒7)。6日は軽めの調整を行いました。「年末に帰厩させて様子を見ながら進めているのですが、脚元等は良くも悪くも変わらない状態でいます。状況を考えると中山開催は厳しそうですし、大変ではありますが小倉開催を目指して調整を行うようにしています。コースと坂路を織り交ぜながら徐々に乗り込みを進めているところで、順調ならばさっそく来週の競馬を考えようと思っていました。そのためには週末に運びたいですから、輸送を考慮して水曜日に追い切ったんです。ただ、そのときの動きを見るとちょっと重たさが目立ったように感じました。元々スッと動くタイプではありませんが、馬への負担を考えるとできるかぎりこちらで調整をした上でレースへ向かえるようにしたいですから、現地への移動予定もずらしてもう少し美浦で調整をすることにしました。あくまでもこのあとの動き次第になるのですが、早ければ2週目以降を目指すことになると思います」(堀師)今後の仕上がり具合によって前後しますが、早ければ21日か22日の小倉競馬(4歳上500万下・ダ1700m)を目標に調整を行っています。


思いの外早いご帰還でございました。
脚元の爆弾を考えると余計なレースはできない身分ですので、次走は勝てないとまでも掲示板を死守して欲しいところです。一度は圧勝で勝ち上がっているクラスですのでね。

ローカル開催であれば大きい顔できると思いますので楽しみにしたいと思います。石橋脩騎手でいけるのかな?
posted by めてお at 20:10| Comment(0) | リアルアヴェニュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする