目指せ!!Grade1 一口馬主の道

2011年12月16日

今週の出走

チーム相談役今週の出走です。


12/17(土) 阪神5R 2歳未勝利 クラヴェジェーナ(めてお)

12/17(土) 阪神7R 2歳新馬 ワールドエース(firstroad)

12/18(日) 中山3R 2歳未勝利 マイネルエクレウス(半可通)

12/18(日) 阪神3R 2歳未勝利 クランモンタナ(ドゥトラ、半可通、firstroad、テド、ボーノ)

12/18(日) 阪神3R 2歳未勝利 エックスマーク(ドゥトラ、テド、ボーノ)

12/18(日) 中山11R 朝日フューチュリティ(GI) ダローネガ(レプティリア)



以上です。
まずは当チーム唯一のG1出走がレプティリアさんのダローネガ1頭。頑張ってもらいたいところですが悪夢の大外16番。これは厳しい・・・勝てば超大物という事ですが、中山のマイルで大外は余程力が抜けていないと難しいのは知られている事ですからねぇ。何とか上位進出してポイントを稼いでもらいたいところです。

後は今週は未勝利、新馬のみ。新馬のワールドエースは注目ですね。直前でAITOさんがトーセンに指名を替えましたがこの選択が果たしでどう出るか要注目です。

先週せっかく10位まであがった訳ですが、今週は走る前からまぁ抜かれるのが目に見えてますねw
なので少しでも上位に留まる為にも、朝日杯の掲示板はチーム戦的にも馬券的にも人気薄で占めてもらえればと思っています。63名しか指名の無いアルフレード、21名のサドンストーム頑張れ(って私の本命対抗だったりしますw)どんなレースになるか楽しみです。
posted by めてお at 22:46| Comment(5) | POG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日曜だったらなぁw

ルージュアルダン


12/14  小倉競馬場
14日は小倉ダートコースで追い切りました(71秒9−55秒8−40秒6−12秒3)。「予定どおり週末に小倉競馬場へ移動させました。途中、渋滞して到着がやや遅れたのですが、幸い疲れが出ることはありませんでした。ただ、ケアはしてあげなければいけませんから数日は楽をさせて今朝から動かしています。前走である程度コンディションは整っていたし、中間も順調に調整ができていたので、輸送の疲れも考慮して今朝はサラッと動かす程度。現地からもまずまずという報告を受けていますし、問題なく出走できるでしょう。木幡ジョッキーが小倉に参戦しないということでしたから、調整がつけば川須ジョッキーにお願いする予定でいます」(和田道師)17日か18日の小倉競馬(3歳上500万下・ダ1000m)に川須騎手で出走を予定しています。

12/15  小倉競馬場
17日の小倉競馬(3歳上500万下・ダ1000m)に川須騎手で出走いたします。


オフ会で競馬場に行って皆さんとワイワイやりたかったところですが、流石ルージュ前日に出走ですw 人間の都合よくはいかねぇよってところでしょうか?

さて、そのルージュですが、出資者的には
@小倉の1000は短すぎるのでマイナス
A先週のような速い時計がでる馬場はマイナス
B叩き良化タイプなので今回はプラス

総合評価 目指せ掲示板

ってところでしょうか?
ただ騎乗してくれる川須騎手の腕は楽しみですし、うまく流れに乗れれば面白いと思います。まぁ忘れてしまいましたが以前勝っているクラスでもありますし。

兎にも角にも2011年キャロット所属馬の最後の出走ですから頑張って欲しいです。
posted by めてお at 22:30| Comment(0) | ルージュアルダン(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もう君にすがるしか・・・

レッドセインツ


11.12.14 

(角居厩舎)
乗り運動で逍遥馬道を通り、角馬場でダクと軽めのキャンター20分後、四位騎手を背に、ウッドコースにて3頭併せの外で追い切る。
 四位J セインツ     70.9−55.1−39.2−11.6 なり
 上村J ミクロコスモス  70.6−54.9−39.4−11.8
メンディザバルJ ルーラーシップ 70.1−54.4−39.2−11.6
セインツ先導の形からゆっくりとしたキャンターで向こう正面まで行き、徐々にペースアップ。終い軽く仕掛けると、反応良く、リズムの良い走りでスパート。余力十分の手応えのまま、ゴール後も楽に流す形で追い切り終了。
四位騎手「前走時は、追い切りの感じがもう一つだったけど、今日は良かったね。歩様も良くなっているし、悪くない。来週のレースで問題ないと思うよ」
角居調教師「2走前ぐらいからゲートでもぐろうとするので、金曜日にゲート練習をしておきます。今のところ、レースでは中館騎手を予定していますが、ゲートの雰囲気次第では、練習に乗ってもらった騎手でいくかもしれません」

11.12.15 

(角居厩舎)
厩舎周りで曳き運動60分の調整。
運動始めの歩様にはコトコトと硬さが見られたものの、周回を重ねるうちに解れていきました。時折、担当助手に顔を向け、甘えるような仕草を見せながら、リラックスして、テンポ良く周回を重ねていました。
助手「追い切った反動はないですね。歩様や脚元も問題ないですよ。帰厩してから、首や肩周辺が、以前よりひと回り逞しくなったと感じていましたが、実際、今日の検量で440キロ。追い切り後でこれなら、やっぱり成長していますね。明日はゲートの確認をしますが、スムーズにクリアしてくれるといいですね」


有馬記念の日の小倉11R。セインツにぴったり嵌るとは思いませんが、中舘騎手で文句があろうはずがありません。中段より前目につけて差し切るレースをしてくれれば嬉しいなぁと思います。ここで勝てれば来年はより楽しみが広がりますので何とか突破して欲しいですね。

と言うか、本当に一口熱が氷点下(今週のコーストの更新で絶対零度まで来ている気が・・・)までダダ下がりなのでセインツの熱い走りを期待しています。頼むよ〜
posted by めてお at 22:06| Comment(2) | レッドセインツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コースト アウト〜(byガキの使い)

レッドコースト


11.12.16 

(ファンタストクラブ)
担当スタッフ「引き続き舎飼休養中です。水曜日に獣医に確認してもらいましたが、まだ炎症が残っているとのことでした。腫れや痛みは見せていないのですが、軽い腱鞘炎のような症状とのことで、場所的にも慎重にならないといけないので、もうしばらくは動かさずに様子を見たいと思います。治療も並行して、早期回復を図りたいと思っています」



この更新を見て、出資者の方々はどのような感想をお持ちになるのだろうか?

一口歴の浅い人なら「腱鞘炎でよかった、しかも軽いみたいだし」

という感想かなぁと思いますし、そう考えられるのはごくごく当たり前だと思います。確かに腱鞘炎という言葉自体は人間もなる症状ですし、経験上そんなに重いものではありませんから軽く感じるのは当たり前だと思います。昔の私もそうでした。ただ私は過去にサジターリオという馬に出資した経験があるものですから


腱鞘炎=アウト


と直ぐに脳内で変換してしまうのです。
「何でめておってこんなにマイナス思考なの? 馬鹿じゃない?」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

ただご存じない方の為にあえて書きますが、サジターリオの戦跡を見ていただきたいのですが、彼は2005年の5月の500万特別3着から次走の2007年1月までの間休養を余儀なくされました。その直接の原因が腱鞘炎です。その間は出資者として1番苦しい時期を過ごしました。

で、その厳しい休養生活が終わり、念願の復帰戦を迎える訳ですが、喜び勇んで買ってきた競馬新聞にはこう書いてあった訳ですね


サジターリオ 屈腱炎放牧

東スポでなく競馬ブックでしたからねぇ。あの時のショックは今でも忘れられない。
普段はブログで色々なことをぶちまけておりますが、基本クラブには新規出資の情報収集以外はTELしない事にしているのです(気が小さいものでw)。ですが、この時ばかりはクラブにTELしましたヨ。まぁその時のクラブの回答は

「トレセンに復帰後の細心のケアを屈腱炎と見間違えたのではないか?」

という最悪のもの(流石サウス、あっその時はもう某中尾体制か?w)。結局のところ真意は分からなかったのですが、復帰後のサジターリオは以前の面影を全く感じられないものでした。屈腱炎休養・・・強ち嘘ではなかったと思います。

Googleで「サラブレット 腱鞘炎」と調べると「感染性屈腱腱鞘炎」なんて表現も出てくるくらいですから症状としては結構厳しいものだという事です。東サラ馬でもレッドバリオスも腱鞘炎を患って、引退をしました。

まぁ結局何が言いたいかと言えば「腱鞘炎って耳障りは良いですが、結構最悪に近いっすよ」って話です。腱鞘炎の診断の後に屈腱炎となる症状も過去にはあるくらいですし。

今回の更新ではクラブは軽いと言っています。もちろん軽いことを信じてやみません。ただ最悪の心構えだけはしておこうと思います。




AITOさんスイマセンデシタ(涙)


地方の賞金悲しいので

レッドデセーオ


11.12.16 

(弥富トレセン・角田厩舎)
角田調教師「20日(火)の名古屋競馬10R、1600m戦を予定しています。体重も徐々に戻ってきていますし、メンバー的に今回は勝ち負けになるはずですよ。今日の追い切りも馬なりで良い感じでした」


角田厩舎で鍛えてもらいたいと言う気持ちを持っていましたが、今月の明細を見て、そんな絵空事吹き飛びましたw 分かりきっていた事ですが、数字で直面すると改めて地方の賞金の安さを思い知らされます。地方競馬に携わっている人は気の毒だよなぁ・・・

次走で何とか中央復帰してくれると嬉しいです。
posted by めてお at 21:26| Comment(3) | レッドデセーオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

来年早々使えるか?

レッドグルーヴァー


11.12.16 

(吉澤S)
場長「今週も順調ですよ。半マイルから終い13秒のメニューを重ねています。その後もソエの方は熱もなく、落ち着いています。体もゴツゴツしたところもなく、いい意味でやわい感じですね。乗った感じでは、まだガツーンと来るところまではいっていないし、多少フワフワしたところはありますが、来た当初から比べれば全然いいですよ。体も大きくなっているし、今後も、移動日まで鍛錬を積み重ねていきたいと思います」


有馬が終われば角居厩舎のメンバーの入れ替えがあると思いますから何とか声をかけていただきたいものです。2月ぐらいに使えれば良いのですが・・・
posted by めてお at 21:21| Comment(0) | レッドグルーヴァー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

古い骨折線だと分かった割には・・・

レッドスピリッツ


11.12.12 

(社台ファーム)
マシン運動120分。
担当スタッフ「引き続き、マシン運動を続けています。患部の腫れも引き、獣医の指示を待って、乗り出しのタイミングを図っているところです。今の感じなら、そろそろ乗り運動も開始できそうですよ」

11.12.16 

(社台ファーム)
マシン運動120分。
担当スタッフ「引き続き、マシン運動を続けています。獣医のゴーサインが出るまで、今の形で進めていきます」


レントゲンの骨折線が「昔の骨折線」だったというのが判明してから早一月。調教を開始できない現状を踏まえると骨折こそなかったけど脚元なりに不安があるという事でしょうか?

実際スピリッツの症状ってどうなんでしょう? 会員に気遣って情報をオブラートに包むのは優しさでは無いと思いますがねぇ
posted by めてお at 21:19| Comment(0) | レッドスピリッツ(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まぁこんなもんでしょう

レッドジョーカー


11.12.16 

(ファンタストクラブ)
ファンタストクラブ石坂氏「屋内ダートコースでハロン22秒前後のキャンターを進めています。今のところ、術後の経過は問題なさそうですね。このまま様子を見ながら進めていきます」


結果冬をファンタストで過ごすという最悪な状況になってはいますが、もう決まったことですから仕方ない。たった1度しか出来ないという喉の手術が成功だったのかそれとも失敗だったのか?

復帰戦を楽しみにしたい。5月?6月?

キッカケを掴みたいなぁ

レッドマーベル


11.12.16 

(甲南牧場)
マシン運動60分、ダク2000m、キャンター3000m(ハロン20秒)。
担当スタッフ「リフレッシュがメインなので、調教メニューに大きな変化はないですが、硬さが抜け、ふっくらとした体つきになっています。移動の指示があるまでは、今の感じでじっくり乗っていきます」


ビービーガルダン骨折しちゃいましたねぇ・・・まぁ関係ないですけど。
精神面をリセットするのが目的ですからこの調整でオッケーだと思いますが、やはり感じるのは1勝していると言うのは大きいなと改めて。
スクエアやデセーオが中央復帰の道を模索している中マーベルはこの待遇ですからねぇ。勝てば官軍ってやつだ。

とは言えいつまでも温室育ちで行けるほどは甘くないので、何とかこの放牧でキッカケを掴みたいところです。
posted by めてお at 21:10| Comment(0) | レッドマーベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする