目指せ!!Grade1 一口馬主の道

2011年09月24日

残念ですが仕方ない

スクエアナンバーは本日の札幌4Rに出走。結果6着でした。


9/24  札幌競馬場
24日の札幌競馬は積極的に前目で競馬を進める。4コーナーではいったん先頭に立つも後続に交わされてしまい6着。「調教師からも指示がありましたし、自分も積極的な競馬をするつもりでいました。蛯名騎手から前走のことを聞いていたのでもっと行きっぷりがいいと思っていたのですが、好位にいてもなんだか元気がないというか…返し馬でも、もっと気合いが乗って欲しいなと思っていたけどメンコを取っても変わらなかったので、状態面が完調ではなかったのかもしれませんね。最後まで諦めずに走ってくれましたが、結果に結びつけられず申し訳ございません」(三浦騎手)

「なんとか調整して今回のレースに臨みました。正直、長距離輸送によって疲れた部分もあったでしょうし、初の洋芝、小回りなど不安な点はいくつかありましたが、なんとか乗り越えてくれると信じて送り出しました。結果的には堪えた部分もあったのかもしれませんし、先行した馬にはやや厳しいペースになったのもあったのでしょう。道中の感触は悪くなかったものの、最後に踏ん張り切れませんでした。気難しいところが出たり、右腕の不安が出たりと順調に行かないことも多々ありました。中・長距離戦で持ち前のスタミナを活かす競馬ができれば、この先も楽しみだと思っていただけに非常に残念です。結果を出せずに申し訳ありません」(和田道師)

前走が惜しい競馬でしたし、なんとか勝たせたいと強行軍は承知の上で札幌へ向かいましたが、最良の結果とは行きませんでした。これまでの成績を踏まえ、いったん25日にNF早来へ放牧へ出し、状態を確認した上で今後についての判断を行います。


ラストチャンスを賭けてのレースでしたが仕方ないでしょう。展開的にも向きませんでしたし、何より小さい体に長距離輸送が堪えたのは間違いないでしょう。スクエアは頑張ってくれたと思いますが、もう一つ抜けた力がありませんでしたね。

和田厩舎とスタッフの皆様には感謝。勝てなかったのは残念ですが厩舎のスキルの高さはルージュでも十分体感しておりましたが改めて実感いたしました。今年は募集されなかったですが来年以降に可能であればチャレンジしたい。

それにしても先週、今週と3歳馬のラストチャンスがあり、どちらもクリアできませんでしたが終わった後の気持ちが全然違います。改めて一口は厩舎のチョイスが本当に大事だなぁと。勿論馬のチョイスが1番大事ではあるのですが、「この厩舎でもこの素材なら」という甘い考えは捨てようと心に決めた次第。その基本を改めて気づかしてくれたスクエアに本当に感謝しております。


posted by めてお at 23:02| Comment(0) | スクエアナンバー(引退馬) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする