目指せ!!Grade1 一口馬主の道

2011年06月24日

この小牧騎手へのコダワリは何?

レッドデセーオ


11.06.22 

(庄野厩舎)
厩舎周りで乗り運動60分、坂路下の角馬場でダク10分後、坂路にて単走で15−15。
 栗東坂路 助手 57.2−42.2−28.2−14.5 馬なり
庄野調教師「レース後も大きな疲れを見せるところもなく、むしろ体調面は良好。うっすらと銭型模様が浮き出て、張りといい艶といい好馬体をしています。息も体も出来ているので、今日は15−15の調整。元々心肺機能は高かったのですが、長丁場を使ったせいか、15−15ぐらいのペースでは息遣いも楽そうですね。リングバミに換えてみたところ、効果があるようで、自分から行く気を見せています。来週の追い切りではチークも付けて、効きの確認をしてみます。来週の牝馬限定のダート1800mを予定。騎手は小牧騎手にお願いしています」

11.06.23 

(庄野厩舎)
曳き運動60分の調整。
担当助手「曳き運動では、縦列の2番手を自分からハミを取り、集中して周回を重ねていました。馬体重は500キロあります。自分の飼い葉を完食した後、隣の馬の飼い葉を狙うくらい、食欲旺盛なんです。隣の馬は食が細いので、ゆっくり食べているのですが、デセーオはその姿をジーっと見つめて、威嚇もするほど。物足りないと、水桶で口をゆすいだりして紛らわしたりもしていますが、水が少しでも汚れると、新しい水に変えるまで口もつけません。なかなか手の焼けるお嬢さんですよ(苦笑)。でも、これだけ食べられるのだから、体調面も気持ちも良好なのでしょう。来週のレースに向け、着々と態勢を整えていますよ」


水桶のクダリとか2歳の入厩直後とかだったら微笑ましいのですが、未勝利終了が近づくこの時期には「イラっとする」理由以外の何者でもありませんw 可愛いのはいいから勝ち上がる為に必要な事をやって欲しい。レースでも我がままな所もあるようですが、普段甘やかしすぎなんぢゃないですかね?
まぁそうは言っても次走予定の牝馬限定のD1800というのは良い条件ではないかと。なのでとりあえず次のレースが終わるまでは「きっとダートの鬼なのさ」という姿勢で臨みたいと思いますw

ただなぁよりによって小牧かぁ・・・とりあえずこの騎手が私の愛馬に乗って「流石小牧!!!」というレースは皆無なので正直相性は悪い。ダートのレースは芝に比べれば期待できるのですが、うーんという感じ。小牧なら減量騎手で前に行かせた方が楽しみ多いと思うんですがねぇ。
posted by めてお at 23:15| Comment(4) | レッドマーベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

何とか無事に次走まで

レッドジョーカー


11.06.22 

(藤沢厩舎)
乗り運動後、坂路下の輪乗り場でダクを10分くらい踏み、その後、坂路2本で追い切る。
 美浦坂路 53.9−39.2−25.8−12.9 馬なり
担当助手「今日は坂路の1本目に15−15を少し上回るくらいで乗り、体をしっかりほぐした後、2本目に2頭併せを先行して外で追い切りました。まだ使うまでには時間もあるし、レースを使ってから間もないので、追い掛けると時計も速くなってしまうので、この馬が誘導して相手が併せてくるような感じで追い切りました。まだ走っていてフットワークがバラバラになるようなところがありますが、これからしっかり乗り込んで行けば良くなって来ると思います」
藤沢調教師「今のところ7月10日の中山・彦星賞を予定しているので、今日の時計ならこの馬としてはちょうど良いと思います。使っている馬だし、この後もジックリ進めて行きます」

11.06.23 

(藤沢厩舎)
乗り運動後、北150m角馬場でダクを10分くらい乗る。
担当助手「昨日の稽古ではフットワークがバラバラで、今日は追い切った翌日なのでダクだけでしたが、追い切る前とは違って少しピリピリした感じが出て、全体的にシャキッとして来ましたよ。歩様もキビキビしていたので、これからひと追いごとに良くなって行くと思います。明日からは坂路で乗って行きますが、今日の感じなら問題ないと思います。飼葉もしっかり食べていますよ」


次のレースで勝ち負けはともかく、古馬の1000万条件の面々と良い勝負が出来れば相当楽しみになりますので期待したいです。次通用したら芝はしばらく封印でも構いませんのでw

あとはカズー特有の急に来るトラブルに合わない事を祈るだけです。

無理に使わなくても

レッドマーベル


11.06.24 

(宇治田原優駿S)
マシン運動60分、ダク600m、軽めのキャンター1200〜1800m、800m坂路1本(ハロン17〜18秒)。馬体重490キロ。
担当スタッフ「調教メニューは変わりないですが、体調面は安定してきました。終いだけハロン15秒ぐらいのペースで乗って様子を見ているところです。このまま伸びきった走りをしないようなら、徐々にペースアップを図っていきます」


宇治田原で調整している以上夏に使うつもりなんでしょうね。
無理に使わなくても良いのですが・・・小倉で使うのか北海道まで移動するのかわからないですが正確な判断を期待したいです。
posted by めてお at 22:45| Comment(0) | レッドマーベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

我慢

レッドセインツ


11.06.24 

(ノーザンファーム早来)
担当スタッフ「メニューは変わらず周回と坂路を日によって交互に行って、周回の日には角馬場でのフラットワーク。坂路では17−17のペースで乗っています。しばらくは、このペースで乗り込んでいく予定です」


夏は使う事は忘れましょう。
今年は相当暑そうですから、華麗にスルーする勇気も必要です。秋の飛躍の為には今は我慢我慢です。
posted by めてお at 22:31| Comment(0) | レッドセインツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

順調ならば今週出走だったわけで

レッドグルーヴァー


11.06.24 

(坂東牧場)
担当スタッフ「どこが悪いというわけではないのですが、ゲート練習などで全体に疲れが出てしまったようです。角居先生からは、『フォームの見直しを含め、作り直してほしい』と言われています。既にキャンター3000〜3500mを乗っていて、今日は坂路にも入れました。今後も長めのキャンターと、週4〜6本の坂路併用で乗り込んでいきます。意識的に後ろ(トモ脚)を使わせるようにして、フォームを戻していきたいと思っています



今週出走予定だった訳ですが、上手くいかないですねぇ・・・まぁ仕切り直しと言っても更新を見る限り結構やり直し感満載なので、早くても秋の阪神あたりかもしれませんね。
ただ、この休養はグルーヴァーにとって大きな休みになる事を信じて待ちましょう。
posted by めてお at 22:27| Comment(0) | レッドグルーヴァー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ラストランになるかもしれんのだから

スクエアナンバー


22日、23日は軽めの調整を行いました。「この中間は大きめのところをじっくり乗っていますが、時計はまだ出していません。あくまでも目標は新潟開幕週の長距離戦ですから時間はまだあります。今慌てて進めようとするとせっかく良くなった歩様の違和感をぶり返させてしまう可能性もありますから、焦らずゆっくり基礎を固めていければと考えていますよ。週末の感触を見ながら徐々に時計を出していって仕上げていくつもりです」(和田道師)7月16日の新潟競馬(3歳未勝利・芝2400m)に蛯名騎手で出走を予定しています。


開幕週が高速馬場になると厳しいですけどね。
ジックリ進めてラスト1戦(もしくはもう1戦)頑張ってほしい。
posted by めてお at 22:05| Comment(0) | スクエアナンバー(引退馬) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする