目指せ!!Grade1 一口馬主の道

2009年06月27日

ゲート試験合格

オーロツェッキーノ


26日はゲート試験を受け、無事合格しました。「1回目は出てからヨレてしまったのでどうかと思いましたが、2回目は反応よく出てくれました。まだ自分から出ていこうとしないのですが、徐々に前向きになってきています。馬の様子を見て、週末から時計を出していくと思います」(月橋助手)



2歳につられている情けない先輩馬オーロですが、何とか後輩達の応援の甲斐あってゲート試験に合格したようです。
これでデビューまでしっかり調整してもらいたいものですね。

しかし、このオーロを含め来週には現役出資馬全頭がJRAの施設に入厩しているという信じられない状態になっております。喜ばしい反面、あまりの順調ぶりが逆に恐かったりします。私自身が事故とかに会わなけらば良いのですがw
posted by めてお at 16:33| Comment(2) | 引退馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

札幌デビュー(予定)だ!!

リアルアヴェニュー


25日は美浦南Wコースで追い切りました(88秒0−72秒0−57秒4−42秒5−14秒0)。「先週スムーズにゲートを合格してくれたので、週末と今日少し時計を出して状態の変化を見ています。最初なのでビッシリというわけではなく、14−14前後を刻むような時計ですが、動きは悪くなかったですね。まだ重めで息遣いなどはもうひとつに感じますが、体力的にも今のところ安定しているし、週末の感じも悪くなければこのままデビューまで進めていきたいと考えています。今後進めていく中での感触次第で変更する可能性はありますが、今の動きや血統面から考えてもダート中距離を試してみたいと思える馬なので、順調に行けば札幌デビューを考えています」(堀師)今後の状態次第ですが、8月2日の札幌競馬(2歳新馬・ダ1700m)を目標に進めていく予定です。


非常に良い選択ではないでしょうか?
あと1ヶ月鍛えていただいて、しっかりデビュー戦を迎えて欲しいと思います
この時期は芝でも1600mを超えるレースの方が少ないところ貴重な中距離ダート戦。いつでも芝レースは試せるでしょうから最高の目標だと思います。すんごい楽しみ。

あとサヴァランも7月1日に栗東入厩を予定してますし、2歳3羽ガラスは今のところ至極順調ですねw
posted by めてお at 16:18| Comment(0) | リアルアヴェニュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月24日

お笑いの道へw

オーロツェッキーノ


24日はゲート練習を行いました。「先週まではゲート練習でも自分から出る気がなかったのですが、今朝の練習は自分からきちんと出てくれました。一緒に行っている2歳馬もいい感じで練習が進んでいるので、つられて出るようになってきたようです。このぶんなら、近々試験を受けられそうです。まだ日にちは決めていませんが、試験では一発合格をするつもりで、ジョッキーに乗ってもらってしっかり出していきたいと思います」(安田助手)



あははははははははははははははははははっはははは


2歳につられてゲートを出るようになったそうです。
笑いの要素を取り込んできやがりました。これはいつも以上に応援しないわけにはいかないw

おそらくは小倉でデビューだとは思いますけど、今から楽しみです。お笑いキャラの確立は大事だぞ〜
posted by めてお at 22:39| Comment(2) | 引退馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トレセンでいかに過ごすか

ブレイクランアウト


24日は軽めの調教を行いました。「引き続き体調も安定していますし、馬は元気にしていますよ。ここ数日は湿度が高くなる日も多いのですが、その点は心配要りません。しっかり馬房内の環境を調整できるようにして、暑さ対策をしていますし、馬がへこたれるようなことがないようにしています。普段の調教は角馬場で軽めのキャンターをゆっくり乗り込んでいます。もちろんその時の状態によって量の変化はつけていますが、反復することで基礎体力の向上につながりますからね。ブレイクはまだまだ子供ですし、もっと土台をしっかりとしたものにしなくてはいけません。今年の秋だけではなく来年以降も見据えて成長を促していかなければいけないと思っていますので、この夏を有意義なものにできるよう取り組んでいきます」(戸田師)



本当に来年以降の事を考えて、この夏を過ごして欲しいと思います。
夏を制するものが受験を制すなんて随分前に言われた記憶がかすかにありますがw 馬も同じ、ここで成長を期待するしかありません。
放牧に出さないという選択がプラスに転じる事を切に願います。
posted by めてお at 22:27| Comment(0) | ブレイクランアウト(殿堂馬) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

頑張れルージュ

ルージュアルダン


24日は美浦坂路で追い切りました(計時不能−38秒2−25秒3−12秒7)。「先週末に検疫を確保することができたので帰厩して、早速翌日から調教を開始していますよ。元気一杯で動きも上々です。今日の時計も最初がエラーになりましたが、全体を通してしっかり動かしていますし、悪くない内容でした。このまま順調にいければ来週の競馬へ向かうつもりですし、よりいい状態で出走できるように仕上げていきたいですね」(和田道師)7月5日の福島競馬(3歳上500万下・ダ1150m)に出走を予定しています。



うん順調ですね♪
ルージュは本当に自分の仕事をしっかりこなしてくれる馬なので楽しみ。
放牧明けですぐにレースに使いたがる和田厩舎にしては1週我慢してますから、万全な状態でレースに臨んで頂きたい。願わくば2着、3着を続けて小銭を稼いでもらいたいところですが・・・
posted by めてお at 21:56| Comment(0) | ルージュアルダン(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小倉でデビューか?

サヴァラン


周回と坂路でハロン16〜18秒のキャンター調整を行っています。「こちらが気にしていた体調面ですが、慎重に取り組んでいることで極端にガタッとくる感じはなく、またいい状態になってきていますね。2歳馬ですし、体調に変化が出やすいですから、調教内容を上手くコントロールしながら取り組んでいきたいですね。音無調教師も定期的に見ていて、できれば7月中に入厩させてあげたいということも言っていましたから、しっかり体調を整えて、トレセンへと送り出せるようにしていきたいですね」(GW担当者)



先週の更新ではどうなるか分からないような感じでしたが、何とか夏場にはデビューできそうな感じです。

何とか音無調教師のおメガネに叶うように、戦力になるような馬に育ってもらいたいところですね。順調だ〜。

posted by めてお at 00:22| Comment(0) | サヴァラン(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トラブル無いって素敵

マージービート


屋内坂路でハロン15秒のキャンター2本を行い、週2回はハロン14秒を計時しています。今のところ26日に函館競馬場へ入場予定です。「春から一貫して高い負荷をかけ続けられたように健康状態、仕上がりに問題はありません。速めのところでも覇気の感じられる動きを見せていますし、楽しみをもって送り出せます」(空港担当者)



私の一口史上、一番順調に来ています。と言うかこんなの経験ないので戸惑ってたりしますw

北海道デビューなんてウインやサウスの時はG1出走と同じくらいの夢だったなぁ・・・北の恫喝帝王に是非乗っていただきたいところです。
posted by めてお at 00:10| Comment(4) | マージービート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月20日

うーん、60点

きりたさん主催POGのドラフトが終わりました。集計をお一人でやられるのは大変だったと思います。きりたさんお疲れ様でした。


結果はコチラ


とりあえず自分の選択理由などを書いてみますが、皆さんご興味ないでしょうから追記で対応いたしますw


続きを読む
posted by めてお at 23:20| Comment(4) | POG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月18日

こっちは練習中w

オーロツェッキーノ



18日はゲート練習を行いました。「寄りや駐立は問題ないのですが、まだ馬に走る気がないようで、自分からゲートを出ていこうとしません。他の馬が出ると、『あ、一緒に行かなくちゃ』という感じで出るんです。気が小さい馬なので、もう少し慣れも必要なのかもしれません。できれば、来週あたりジョッキーを乗せてビシッと出す練習をしたいと思っています。走りなどは問題なく、徐々にペースも上げていってあげたいので、なるべく早くゲートをクリアしたいですね」(月橋助手)




気が小さいんですとw


体も小さく、気も小さい・・・大丈夫かいな?

ゲートも出ない、気も小さいとなるとステゴ産駒お得意の直線一気の脚が無ければ勝負にならないですが、そんな脚あるのかなぁ・・・不安だw

2歳のリアルアヴェニューがゲート試験合格した日にゲートを出ない3歳馬w デビューが本当に待ち遠しいです。
posted by めてお at 21:24| Comment(2) | 引退馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゲート合格!!!

リアルアヴェニュー


18日にゲート試験を受け、無事合格しました。「先週から始めたゲート練習ですが、最初のあまり反応のない状況から徐々に良化が窺えました。昨日の練習でも悪くなかったので、落ちたら仕方ないくらいの練習の気持ちで今日受験したのですが、至ってスムーズでしたし、出もまずまずで無事合格してくれました。入厩して僅かな期間の中で最初の課題をこなしてくれましたし、まずはひと安心です。入厩後からもう少し覇気が欲しいな、少し疲れもあるのかなと思って見ているのですが、今もその感じは変わりありません。ただし、脚捌きなどは入厩直後より良くなっているし、良化している部分があることは確かですよ。これから調教を進めていくわけですが、週末の調教も含めて1〜2本ほどやってみて、その中でのコンディションの変化を見てからこのまま在厩で調整して競馬へ向かっていくか、ひと息入れてあげて体調アップを図ってから競馬へ向かっていくかを判断したいと思います」(堀師)


まずはゲート試験に合格してくれましたので、体調を見極めてデビュー戦を迎えるだけになりました。

ただ、堀調教師なので、この先放牧するという選択をする可能性が高いと思うのでもう少し様子を伺いたい。

まぁどちらかと言うと長距離の適正がありそうな感じですから今の時期にデビューしても仕方ないので万全の体制で仕上げて欲しいところです。
posted by めてお at 20:45| Comment(2) | リアルアヴェニュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小休止だね

サヴァラン


周回と坂路でハロン16〜18秒のキャンター調整を行っています。「移動から少し時間が経ちましたが、本当の意味で体調が万全と言うところまでには至っていないのかなという感じですね。表にはあまり見せにくい部分なので、最初はあまり感じなかったのですが、まだ若い馬ですし、輸送や環境の変化による疲れもあったのでしょう。それなので、今は上手く調教の内容をコントロールして体調をよりいいものにできるように取り組んでいます。入厩までの間は仕上げるというより、体調重視の調教を行っています。体調を良くしてあげれば、体も雰囲気も上がってくるものですし、繰り返しながら少しずつ上のレベルへと良くしていきたいですね」(GW担当者)


そもそもが音無厩舎の馬なので、急ぐ必要が無いのですが、この調子だと阪神デビューは無理ですね。

ただ夏の小倉ではデビューできそうですから非常に楽しみです。各種POG本でも「穴馬」的存在で取り上げられる事もしばしばですので本命級の活躍を期待しています。とは言え適正はマイルまで(
or ダート短距離)だと思いますがw
posted by めてお at 00:36| Comment(0) | サヴァラン(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

早く 競馬場へ!!!

マージービート


屋内坂路でハロン16秒(週2日はハロン14〜15秒)のキャンター1本、屋外直線坂路でハロン17秒(週1日はハロン15秒)のキャンター1本、周回ダートコースで軽めのキャンター2000mを日替わりで行っています。高い負荷をかけることでいい成長を遂げており、ここ最近はキャンター時の力みが取れ、首を上手く使って走れるようになりました。行きっぷりは相変わらず素晴らしく、体調も高い次元で推移しているので今後も早期入厩を目標に加減することなく、びしびし鍛え上げていきます



今、函館なり札幌なり、栗東なりに居る事こそが早期入厩と呼ばれるのではないかい?

まぁ仕方ないですが、下手に牧場とかで調子を落とす事の方が恐いのでサッサとJRAの施設に入ってもらいたいところです。

でも今度の土曜日から2歳の新馬戦が始まるんですねぇ(しみじみ)
1年は本当に早いなぁとつくづく感じます。今年も2歳で暴れたいぞ〜
posted by めてお at 00:32| Comment(0) | マージービート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3週間後の ルージュの庭で

ルージュアルダン


周回でハロン16〜17秒のキャンター調整を行っています。「順調ですね。前走後に見せていた疲れもだいぶ癒えてきましたし、これと言った不安を持たずに調教を行うことができています。今はしっかり乗り込んで、調教量を重ねることで状態を上げているところです。徐々に上向いてきていると思いますし、引き続き進めていって3週目の競馬に合わせて帰厩できるように仕上げていければと考えています」(和田道師)今のところ来週中に美浦トレセンへ帰厩し、7月5日の福島競馬(3歳上500万下・ダ1150m)を目標に調整していく予定です。



順調で何より。

あと3週で万全の体勢で挑んで欲しいです。次走は掲示板、その次で勝ち上がりなんてオチは最高ですが、どうでしょうか?
posted by めてお at 00:25| Comment(0) | ルージュアルダン(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

早いとこ ダートの適正 見てみたい

ブレイクランアウト


17日は軽めの調教を行いました。「今日も角馬場での運動を入念の乗っています。状態はいい意味で変わりなく、前走を使った分の筋肉の張りも徐々に解消されてきていますよ。今後の馬のコンディションや馬場状態を見ながら具体的な目標を決めていくつもりですが、今のところは先週お話したように京成杯か新潟記念あたりを中心に考えています。京成杯は開幕週で馬場の傷みがないでしょう。右回りになりますが、メンバー構成からも上位に食い込み易い要素が多いですからね。一方、新潟記念は開催の後半になるので馬場コンディションが鍵となりますが、2000mを1ターンで回れる魅力的になコースです。ただし、函館競馬場の改修工事の影響で通常とは多少異なる部分も出てくるでしょうし、そのあたりの変化をしっかり見極めながら検討していければと思います」(戸田師)あくまでも馬のコンディション次第ではありますが、在厩のまま調整し、賞金獲得を目指して有力視されている2鞍のレースをメインに考えていきます。


とりあえずは賞金を加算しない事にはこの先にはすすめません。今挙がっている2つのレースは非常に良い選択だと思います。

ただ、在厩で調整するのであれば新潟のレパードS(新設重賞)を選択肢に入れてダート適正を見てみたいと思うのですがねぇ?

スーニーや今日の関東オークスを圧勝したラヴェリータみたいな馬が恐らく出てくるので簡単ではないでしょうが、ダート適正を見てみるには最適な舞台だと思うんだがなぁ・・・
posted by めてお at 00:21| Comment(0) | ブレイクランアウト(殿堂馬) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月14日

ショック!!!!! 三沢光晴死亡

プロレスリングノアの三沢光晴社長が試合中に死亡しました


プロレスの三沢光晴さん、リングで頭強打し死亡



ショックです



正直信じられないです。
最近見に行く数こそ減りましたが、私はプロレスが今でも大好きでありまして、中学の頃から三沢選手の試合は本当に数え切れないほど見てきました。

2代目タイガーのマスクを脱ぎ捨てJ鶴田に挑んだところからプロレスラー三沢の時代が始まりましたが、それから約20年もの間超一流の試合を我々に見せてくれました。

一番面白かったのは三沢、小橋、川田、田上の四天王が居てスタンハンセンがまだ現役。スティーブウィリアムスとテリーゴディの殺人魚雷コンビが居た時代。でも今思えばあの時の凄まじい試合の連続が三沢の命を縮めたのは間違いないですね。

天龍が全日から脱退して、全日の危機にマスクと脱ぎ捨て全日の王様J鶴田に敢然と挑んだ時代も懐かしい。三沢、川田、小橋といった若手がとにかくでかい鶴田に挑んでいたあの時代、挑んでは跳ね返され、また挑んでは跳ね返される日々。鶴田が三沢を強くし、そして他のレスラーが底上げされた。当時はあの「絶対王者」小橋がヤラレ役でしたからねぇ。

鶴田超えを果たしたあの試合は今でも忘れる事ができない。時代が変わるかもしれないとワクワクしましたねぇ。


高校生の時は試合を見にに行くと言ってもお金的にキツイものですから「三沢の相手は誰か?」というのは非常に大きな要素でした。ご存知の通りプロレスには「しょっぱい試合」というものが存在してまして(特に新日。でもそれが新日の魅力だったりもするので、本当にたちが悪い)メインの試合が終わった後にがっかりする事もあるのですが、あの頃の全日特に三沢の試合には「しょっぱい試合」は存在しないという安心感がありました。


でもあの天才的な受身の才能をも殺してしまう現在のプロレスの技は技ではないと思います。たまに映像でプロレスを見ますけど二流、三流と思われるレスラーも物凄く危険な技を使ってます。全日や新日で練習についていけず、レベルの低い(失礼)と言われる団体でしかデビュー出来ないレベルのレスラーも同様の技を使う。これは三沢が自分の命をかけて現在のプロレスに対する警鐘を鳴らしてくれたのだと思うのです


昭和のプロレスは良かった。ハンセンやアンドレには凄みがあったし、ロードウォリアーズには日本人では絶対に勝てないのではないか子供ながらも絶望させられた。でも彼らの入場曲が流れるとワクワクし、リングで睨み合うと鳥肌がたった。
タイガージェットシンやリックフレアーの試合は違う意味で面白かった。いつも同じ流れ、オチが同じでも本当に面白かった。

危険な技を使わなくても彼らの試合は凄かったし、ファンも危険なんて望んでいなかった。

でも今のレスラーで存在だけで勝負が出来る人は本当に少なくなってしまいました。当の三沢選手が数少ない存在感で勝負できる貴重な選手。この人が亡くなった以上プロレスは方向転換しなくてはならない。

技の危険度を競うだけのもの。それはもはやプロレスではなく、プロレスとは「危険」を観客に見せるショーでは絶対に無い

ただ、その危険な領域に踏み込んでいったレスラーが皮肉にも三沢選手を筆頭とする元全日のメンバーであったので、何ともやるせないわけですが、これを機にプロレス界の人たちには考えてもらいたい。ハンセンのウエスタンラリアットやアンドレのジャイアントプレス(これらも充分危険だか)も、猪木の卍固めやはたまた永源遥の唾でも観客はプロレスを楽しめる。脳天直下型の技だけが技ではない。

これについては我々ファンも意識を変えないといけない。若いプロレスファンの中には「危険な技の攻防」こそプロレスの醍醐味と思う人も居るだろうが、そのファンの要求がレスラーを危険に直面させているのだと。そして、若いプロレスファンに昔の試合を見てもらいたい、昔は技でなく気持ちで皆試合をしていたぞと。

まぁ変な方向に話がずれてしまいましたが、今は三沢選手の冥福をとにかく祈っております。僕の青春の1ページには確実に三沢選手は存在していました。本当に今までありがとうございました。

追記
やはり昨晩はショックで言いたい事が書けていませんでしたので恥ずかしながらも昨晩エントリした内容を山梨に向かう列車の中で加筆しました。

ただ1点、結果的に当事者になってしまった斉藤彰俊選手にはキツイでしょうがリングに立ち続けて欲しい。レスラーとして叩かれる事が予測されますが負けないで欲しい。
posted by めてお at 00:53| Comment(3) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月13日

こっちもゲート練習

リアルアヴェニュー


11日はゲート練習中心のメニューを行っています。「山元トレセンを経由して無事入厩しています。入厩後数日は様子を見ながら環境に慣らしていますが、初めての場所だからか少し輸送による疲れがあるのか、大人しいですね。もともとの性格というのもあるでしょうが、体調面の変化を見ながらしっかりケアしています。昨日からゲート練習を行っていますが、いかにも最初の段階と言ったところです。昨日はまだ何をやっているかわかっていないような感じでした。しかし、少しずつ反応を見せるようになり、昨日より今日と進展が見られていますよ。まだ幼い馬だし、焦らずじっくりと進めて、まずはゲート試験合格を目指していきます」(堀師)



オーロも今取り組んでいますがとリアルもがゲート中心の練習です。2歳と3歳どちらも頑張って欲しいものですねぇ・・・何とかこの仔には堀厩舎でも有名な「放置プレイ」だけはなんとか避けられるように調教師にアピールをドンドンしてほしいものです。ハギーがダービーと獲った今、関東の有望な調教師もチャンスは十分にありますので、そのための戦力になれるように心のそこから祈ってます。

でも本当にバランスがとれた良い馬体をしていると思いますし、個人的には今年のクロフネ産駒は相当やりそうだと勝手に思っているだけに今年はガンガン暴れて欲しいところです。新潟デビューかな?
posted by めてお at 01:35| Comment(0) | リアルアヴェニュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まぁ、あれだ、信じるしかないわな

ブレイクランアウト



10日は軽めの調整を行いました。「今日も乗りましたが、使った分だけ筋肉に張りはあるものの傷みはないですね。あれだけの馬場を走った後なので慎重に見ていましたが、まったく問題ないし、馬は元気いっぱいです。当初は長い距離にチャレンジすることも考えていたのですが、先日のサマーパーティーで会員の方々と話をさせてもらった際に、多くの方がマイル〜中距離というイメージを抱いていました。今後の成長次第で別路線を検討することもあるかもしれませんが、そういうイメージは大事だと思いますし、その道をメインに取り組んでいこうと考えています。しかし、今のブレイクの賞金では、将来苦しくなるのは間違いありません。これからは古馬と戦っていくわけですし、満足して使っていくにはまず賞金加算が第一目標になり、狙えるレースを選んで結果を出していくことが必要です。まだ3歳馬ですし、斤量も一気に増やすのではなくて、いい条件で経験を重ねながら克服していけば理想的です。様々な角度から考えた結果、京成杯オータムハンデあたりがいいのかなと考えています。また、馬場がいいという条件付きで新潟記念などもおもしろいかもしれません。いずれにせよそのあたりのレースを狙っていくにはそう時間もありませんし、おそらくこのまま在厩で調整していくことになるでしょう。夏の暑さを心配される方もいると思いますが、空調などの設備をしっかりと整えてあるので、暑さ対策は十分です。また、ブレイクの性格からも在厩での調整が堪えるということはないでしょう。精神的なストレスも含めて気にする方もいるかもしれませんが、常にバリバリ時計を出すような調教を課しているわけではありませんし、在厩での調整が成長を阻害するということではありませんので心配は要りません。まだまだ若い馬ですし、課題を克服して成長させていかなければいけませんから、より立派な競走馬へと育てていけるように取り組んでいきたいですね」(戸田師)今後の馬の状態次第ではありますが、基本的には在厩で調整して、更なる成長を促す予定です。次走については選択肢がいくつかありますが、今のところ9月13日の中山競馬(京成杯オータムH・芝1600m)あたりへの出走が有力となっています。




会員の声で簡単に方向性が変わっちゃったよw



まぁこの選択自体は歓迎ではあるのですが、会員さんの声云々って言って欲しくなかったような気がします。恐らく先生もそう思っていたのでしょうからこういう選択をしたのでしょうけどね。本音を言わせていただくと、ビシッと「調教師戸田の信念です」的な答えがよかったなぁとも。

この春は東京コースにひたすら拘った惨敗を喫したらあっさり中山コースを選択するところがアレですがまぁ仕方ないとは思います。でも、こんなにアッサリ中山を選択するのであれば皐月賞とかNZT使ってNHKを全力で獲りに行って欲しかったなぁ・・・まぁ終わった事はしょうがないですねぇ。

で、馬場が良ければ新潟始動でこのまま行けばオータムハンデとの事ですが、個人的には新潟のレースが見たいと思います。とは言えそれも先の話ですからね。今は厩舎のスタッフの皆様を信じて応援します。

放牧については個人的にはして欲しいと今でも思っています。ただ、一口馬主は「馬&厩舎」を含めて出資しているのですから彼らの選択を信じるしかない。どうなるかは分かりませんが秋にグレードアップをしたブレイクの姿を拝めると信じていこうと思います。
posted by めてお at 01:28| Comment(0) | ブレイクランアウト(殿堂馬) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この更新でも3歳馬ですw

オーロツェッキーノ


10日はゲート練習を行いました。「まだ環境に慣れていない分、立ち上がったりしてうるささを見せることはありますが、今朝のゲート練習は駐立なども問題ありませんでした。カイバ食いはいいですが、もう少し全体的に肉がついても良さそうですね。トモには力がつききっていない感じですが、前脚のさばきは軽く、乗り込んでいけば良くなりそうです。まずはゲート試験合格を目標に進めていきたいと思います」(月橋助手)


ダービーが終わって、バンバン2歳馬がトレセンに入厩しているところに3歳のこの更新が素晴しいと思いますw

ただ、オーロにとってはここからが正念場。初戦掲示板、2戦目ぐらいで勝ち上がれると面白いのですが、まぁわかりませんね。楽しみにしています。
posted by めてお at 00:46| Comment(2) | 引退馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

楽しみです

ルージュアルダン

周回でハロン17〜18秒のキャンター調整を行っています。「じっくり乗り込んでいることで状態は徐々に上向いているのですが、体つきもそうですが、もう少し動きを良くしてあげたいなというのが正直なところですね。当初は2週目を予定していましたが、3週目にも同じ条件があるのでそこにスライドして、乗り込み量を増やしていきます」(和田道師)今のところ7月5日の福島競馬(3歳上500万下・ダ1150m)に出走を予定しています。


全2勝を挙げている福島の舞台が今から楽しみです。
和田厩舎にしては珍しく1週延ばすという選択ですから色気をもって観戦したいところ。鞍上は英二さんがいいなぁ・・・
posted by めてお at 00:33| Comment(0) | ルージュアルダン(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月10日

これは傑作w

最近忙しくってブログの更新も滞っておりますが、見たいTVも撮りだめしている状況なんです。

で、今日は久しぶりに早く会社から上がれたものですから、撮りだめした番組を見ていたわけですが、ひっさしぶりに大笑いしました。古い話で大変申し訳ありませんが




アメトーク OPP芸人





いや〜江頭のセンチメンタル息止め、ナベアツのT-BOLAN以来の大ヒットです。私もどちらかと言うとOPP系なので苦しみも分かるのですがソレを超えてしまう面白さです。礼二の表情がたまらないw

まぁ同じように感じている人もいるらしく早速YouTubeにありました。
もう有名な話なのかもしれませんが、私は初めてだったので笑いました。ますます礼二が好きになりましたw



posted by めてお at 02:34| Comment(0) | お笑い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月08日

ウオッカは凄いねぇ

ウオッカ凄かったですね。

正直、直線でモガク姿を見て「あ〜ダメだ」と思いました。それだけ厳しいレースだったし、四位ディープが完璧に抜け出したてましたから後はウオッカの勝利にかける執念でしょう。それにしても抜け出す脚の凄い事、前が空いた時は何とか届くか届かないかというタイミングだったと思いますが、あっさり交わしてしましましたからねぇ。

そして何よりもメンタルのタフネスさ。過去の牝馬では能力的にも精神的にもエアグルーヴ・ヒシアマゾンに凄みを感じましたが、今回のレースでウオッカはそれを超えたかもしれないとさえ思います。今更ながら素晴しい馬です。

ディープスカイも立派というか四位騎手の騎乗は素晴しかったと思います。ウオッカがもたついている時点であのタイミングしかないという抜け出し。今回はマイルだったので完敗でしたが、阪神の2200の宝塚記念は楽しみ。仮にウオッカと対決だとしても次回は逆転可能だと思いますので次回は単勝をしこたま買いたい。

安田記念の馬券はウオッカ→ディープの馬単のみ的中でトントンでした。ファリダットは正直ここでは買えまへん。最終の田辺騎手の複勝で今日はトータルプラスで終わりました(きりたさん、どぅーさんありがとうございますw)ただ、キャロット追加募集にはまだ届きませんので来週以降また頑張ります。
posted by めてお at 00:54| Comment(0) | 競馬全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月05日

キャロのOG産

キャロットの豪州産の写真その他アップされました。

狙っていたのはパーフェクトプロミスでしたが、写真を見る限りマズマズだと思います。血統背景についてはきりたさんのエントリが参考になります。正直欲しいですねぇw

ただ、今検討しているボッカデラヴェリタと比較するとボッカの方が上回ってしまいます。気に入っている馬が残口がある馬に居なければ別ですが、気になっている馬が居る状態でわざわざ半年遅れの豪州産馬を買う意味を感じられないので今回のOG産は私は恐らく断念します。

もちろん今週の安田記念で10万円ぐらい勝てればボッカ+パーフェクト両頭行きたいと思いますのでお勧めの馬教えてくださいませw

最近自分の予想が若干ズレてるのでよろしくお願いします。ディープスカイの単勝でと思っていますがどうでしょうかね?
posted by めてお at 00:24| Comment(0) | キャロット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

残念。

ストゥレガーレ


エコー検査は異常が認められませんでした。「左前に腫れがあり、水曜日にエコー検査をしました。腱には異常はありませんでしたが、皮下のムクミがあるようです。兄よりいい馬体の持ち主でしたし期待をしていましたが、最後まで気の悪さが解消せず、馬体の成長もあまり見られませんでした」(木原師)気性面や2回続けてのタイムオーバーで出走のメドが立たないことを考慮し、調教師と協議した結果、残念ながら5日に中央競馬登録を抹消することになりました。本馬に出資されています会員の方へは追ってお手紙をもちましてご案内いたします。


まぁ賢明な判断だと思います。
デビュー戦だけ見れば常識にかかっているのですが、走るたびにドンドン成績が悪くなっていきました。

ラストランは芝の良馬場で上がり3ハロン40秒9で着差が7秒8。2戦連続のタイムオーバーというこの結果を見れば出資者としてはこの引退も納得です。

ストゥレガーレは頑張ってくれたと思います。1次募集時のカタログで欲しかった馬。当時はもう少し成長してくれると思いましたが馬体の成長、気性の成長が結局ありませんでした。正直ブレイクやオーロツェッキーノなんかよりも期待していた馬だけに非常に残念ですが仕方ありません。お疲れストゥレガーレ。
posted by めてお at 00:09| Comment(0) | 引退馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月03日

う〜ん

ブレイクランアウト>


3日は軽めの調教を行いました。「普通の雨ならまだしも、直前であれだけの集中豪雨で馬場がかなり特殊なものになってしまいましたからね。適性云々ではなく、リスクも考えてしまいますし、ブレイクに限らず全馬がフルに走りきった結果にならなかったのが残念でした。スタート後の不利もありましたし、馬場も考えてジョッキーが無理をしませんでしたから、脚元を含めて馬体に異常はありませんし、馬はケロッとしています。今のところ近いうちに競馬を使うというつもりはなく、秋の始動を第一に考えています。しかし、今後の予定に関してはまだ検討しているところです。基本的に9月頃の競馬が有力になるでしょうが、そうなると一度放牧に出した場合、真夏であったり、残暑の厳しい時期に帰厩させることになります。暑いところから涼しいところへの移動ならば馬は楽なのですが、逆となると馬の負担はかなり大きなものとなりますからね。1〜2週間ほど様子を見てから今後の段取りを決めていくつもりです」(戸田師)


9月頃のレースというのは大賛成。ただ、更新を見る限り戸田先生は厩舎に置いておきたい感じですね。


勘弁してくださいよ〜


共同通信杯後の厩舎の調整があまり上手くいかなかった印象が正直あるんですよね。ここは下手な欲をださずにしっかりと涼しいところで完全休養をして欲しいと思っています。ケロッとしているのかもしれませんが、あの泥んこダービーを走った後ですから本当に休ませてあげたい。

あとぼく馬によると次走はセントライト記念との事。オフィシャルより先に情報が出てくる馬三郎ってw
京成杯AHあたりかと思っていましたが中距離を使っていくんですかね。

追記

あくまでも馬の状態を見ながらではありますが、秋の始動は9月20日の中山競馬(セントライト記念・芝2200m)、27日の中山競馬(産経賞オールカマー・芝2200m)、27日の阪神競馬(神戸新聞杯・芝2400m)などを検討しています。


正直今の時期から9月の番組の事なんてどうでもよいです。むしろレースまでどこで過ごすのかが問題。

トレセンに置いておきたいのであれば栗東留学とかの策を講じて欲しいです。美浦トレセンでポリトラックで流しているだけでは厳しいでしょう。一番は完全休養だと思いますが如何に?
posted by めてお at 23:18| Comment(4) | ブレイクランアウト(殿堂馬) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

僕は福島が大好きなの

ルージュアルダン


周回でハロン17〜18秒のキャンター調整を行っています。「入念にケアしていることから特に状態が悪くなることもないですし、精神的にもいいリフレッシュができていると思います。調教も順調に行えていますから、この調子で乗り込みを重ねていくつもりです。このままいい流れで乗っていければ、2週目の適鞍へ向かうつもりです」(和田道師)状態次第ですが、27日の福島競馬(3歳上500万下・ダ1150m)に出走を予定しています。


全2勝を挙げている福島で復帰です。

500万クラスなら直ぐに勝ち負けとはいかない馬ですが、それなりには格好つけてくれるはずです。500万を2〜3回入着して特別で勝ち上がりなんてストーリなら最高なのですが、どうなりますか。
posted by めてお at 23:00| Comment(0) | ルージュアルダン(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

さぁ出走目指して

オーロツェッキーノ



2日にNF早来を出発し、3日に山元トレセンへ到着予定です。その後は6日に栗東へ入厩する予定です。



今週末にはトレセンに入厩です♪
ダービーが終わった翌週に漸くトレセン入りですが「下手すれば出走する事なく引退するかもしれない」と一時は思った馬がここまで来てくれました。これは素直に嬉しいです。

まずは当然ですが未勝利戦の勝ち上がりを目指して欲しいです。芝中長距離に適正があればいいなぁ・・・
posted by めてお at 00:26| Comment(0) | 引退馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大事に育てていただきたい

サヴァラン


周回と坂路でハロン16〜18秒のキャンター調整を行っています。「首が太くて短く、ごつい体をしている馬ですから、多少窮屈なところがあるのですが、悪いところはない馬です。また調教の動きを見ていても、先天的なバネを持っているように感じますし、これから変わってくれそうな馬だと思います。今でも感じのいい馬ですから、これから大事に育てていけばいい競走馬へと成長してくれそうですね。今のところ6月半ばから下旬くらいに入厩を考えているので、それまではじっくり乗り、入厩に備えて体力を養っていきます」(GW担当者)



先天的なバネが勝つか、窮屈なところが勝つか・・・とにかく6月下旬の入厩までなんとか怪我無くお願いしたい。

距離の壁はありそうな感じですが、近親のタイキシャトルのように短距離でガンガン稼ぐような馬になって欲しいものです。
posted by めてお at 00:09| Comment(0) | サヴァラン(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

何と一番乗りはこの馬

リアルアヴェニュー


3日にNF空港を出発し、山元トレセン経由で5日に美浦入厩予定です。


GWに居るサヴァラン。函館・札幌入厩のアナウンスがあったマージビート。今年の2歳馬は順調だと思っていましたが、まさかリアルが入厩第一号とは思いもしませんでしたw

競馬関係者はダービーが終わった次の日から来年のダービーに向けて目標を切り替えると言いますが、まさにその気分。来年のダービー出走に向けての1歩ですから素敵な事です。

まずはじっくりゆっくり適正を掴むところから始めてもらいたいですね。どんな走りをするのか今から楽しみです。
posted by めてお at 00:06| Comment(4) | リアルアヴェニュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする