目指せ!!Grade1 一口馬主の道

2009年03月30日

ルージュ帰厩しました

ルージュアルダン


28日に美浦トレセンへ帰厩しました。「前走後、牧場へ放牧に出して、乗りながらレース後のケアをしっかりと行ってきました。ソエはまだ完治したというわけではありませんが、継続して対処すれば問題ない程度です。本日帰厩させましたので、予定通り福島開催を目指して進めていきます」(和田道師)


早速今日坂路で乗っているようです。4歳でソエに悩まされるというのはちょっと辛いですけど仕方ないですね。これは母父リアルシャダイの影響でしょうかねぇ?

恐らく皐月賞の週あたりに出走だと思いますので、ソエを気にしつつもしっかりと仕上げて欲しいものです。

posted by めてお at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ルージュアルダン(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月28日

アイアンルックは手強そうです

ブレイクランアウト


25日は軽めの調整を行いました。「先週の坂路調教もそうですが、少しずつ普通キャンターから15−15手前くらいの調教を取り入れ始めています。先週で少し気持ちも入りましたし、かと言って変にうるさくもなっていません。いい精神状態で調教を臨めていますし、この状態をキープしていきたいですね。まだ目標まで時間はありますから急にピッチを上げていくことはしませんが、来週、再来週あたりからポリトラックでの調教を再開していこうかと考えています」(戸田師)5月10日の東京競馬(NHKマイルC・芝1600m)に出走を予定しています。



ブレイクは至極順調。
ただ本日、NHKマイルの最重要ステップレースの毎日杯がありましたが、アイアンルックが圧勝しました。コレは手ごわいですねぇ・・・アイアンには本音としては皐月賞に向かって欲しいところですが、次走はNHKが有力のようです。橋口厩舎はリーチザクラウンがいますから当然と言えば当然かもしれませんし、ダービーでの鞍上を武豊で固定するには、NHKをブレイクに勝たせてはいけないわけですから厩舎的には最高の刺客を送り込める訳ですわね。

アイアンルックの兄貴はあのエックスダンス。現在は不調のどん底にいますが、北海道で見せた能力は相当だと思いましたので、その弟ですから本当に不気味。東京コースで秘めた能力が爆発しない事を祈るのみですねぇ・・・かなり強力なライバルが現れてしまったと思っております(苦笑)

クラス編成前に何とか〜

ルージュアルダン


周回で軽めのキャンター調整を行っています。「牧場では、脚元のケアを中心に取り組んでいます。ソエの症状はレースで走った分出るようで、相変わらず気にはしていますね。ただ、しっかり対処してあげれば問題ないでしょう。何とかクラス編成前までに勝たせてあげられるようにしたいですね。今のところ福島開催を目標に調整していきます」(和田一師)



本当に仰るとおりで、クラス編成前に1つ勝利が欲しいです。
今日同じキャロットのトランスワープがずっと1200を使っていたのに1800に距離を伸ばして2戦目で圧勝しました。ルージュも距離延長を試してもらいたいなぁと本当に思う。結果出なければまた短距離に戻してもらって構わないですから〜
posted by めてお at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ルージュアルダン(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月24日

疲れてる・・・

最近何かと忙しく全然自宅のパソコンに向かう事ができません。
更新もなかなか出来ないのが辛いです。コメントもなかなかお返しできず申し訳ありません。

私のブログは基本愛馬の更新について感想をつけているだけのものですから、更新が滞っても特に問題ないとは思いますが、なるべく早いうちに以前のペースで復帰したいと思っていますのでそれまでお待ちいただければ幸いです。
最近は本当に愛馬報告ブログになってしまって読み応えが無いものになってしまいました。私自身も「カズーと僕との抗争」シリーズが無くなり私もやり甲斐が無くなってしまったと言うかなんと言うかw
なので来年の募集馬はネタの為にカズー、ハギー、トモミチのどれかに出資しちゃおうかしら・・・イカン本当に疲れているようですw

お仲間の皆様のブログはパソコンで見れなくても携帯で仕事の合間にチェックはしているので、エントリにはついていっておりますのでご安心をw ただコメントするのが携帯の場合はおっくうなので、最近は全然皆様のブログにもコメントできていませんが・・・めておは一応生きていますので忘れないで下さいませw
posted by めてお at 00:10| Comment(5) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月23日

馬名決定

随分と遅いエントリですがご容赦をw


リアリーハッピー07

このたび、競走馬名が「リアルアヴェニュー」(Real Avenue 「真なる道」の意)に決定いたしました。



タイキシフォン07

このたび、競走馬名が「サヴァラン」(Savarin フランスの焼き菓子名)に決定いたしました。



アフタービート07

このたび、競走馬名が「マージービート」(Mersey Beat 1960年代にイギリスから世界に流行したロックの演奏スタイル)に決定いたしました。



以上の名前で決定しました。
私は馬名を応募していないので、命名者の方に感謝です。
特にマージーは良いですね。リアルアヴェニューとサヴァランは意味はともかく語呂も良いので合格点です。今後はカテゴリ名を変更していきます。

それにしてもキャロットは一部の人の馬名に対するこだわりと言うかなんと言うか・・・あくまでも個人的な意見ですが、父名及び母名に関連しなければいけないとか、文法がどうのとかって別にどうでもいいぢゃんと私なんかは思うのです。意味がしっかりとしていて尚且つ語呂(語感)が良ければ良いと思いますし、成績が伴ってくれば最初は?と思う名前でも、素晴らしい名前になると思うんですよね。
まぁ格好イイ名前とか英語とかは出し尽くされているので大変なんでしょうけどね。これからこの名前が一口馬主以外の馬券ファンの皆様に知ってもらえるような活躍を期待しています。
posted by めてお at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | キャロット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あれ、予想より早い復帰だ

ストゥレガーレ


屋内坂路でハロン17秒のキャンター2本を行い、週2日はハロン15秒を計時しています。「この中間から速めのキャンターを開始できたように、乗り込んでの良化にはいいものがあります。見た目にも馬体に張りが出てきている点は評価していいと思います。今後も丹念に乗り込むことで更なる良化を引き出し、休養前とは違った結果を出せるようにしていきたいと思います」(空港担当者)


屋内坂路でハロン17秒のキャンター2本を行い、週2日はハロン15秒を計時しています。25日に空港牧場を出発し、山元トレセン経由で27日の栗東帰厩を予定しています。「移動当初は馬体のケアを第一に考えてきたこともあり、その後のペースアップもスムーズに行うことができました。ここ最近はハロン15秒を計時すると快活な動きを示してくれています。いい形で送り出すことができそうです。馬体重は448キロです」(空港担当者)



夏ぐらいまで復帰は無理と思っていただけに嬉しい誤算。
この時期の未勝利は順番で勝ち馬が抜けていきますからストゥレガーレもチャンスが回ってくると信じております。勿論厳しいと言う事は承知してますけどね。
希望としてはダートではなく芝の1400〜1600あたりを使って欲しいところ。ピリッとしてほしいなぁ・・・
posted by めてお at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 引退馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ライバルが徐々に

ブレイクランアウト


18日は軽めの調整、19日は坂路で軽めの調整を行いました。「これまでは角馬場を中心にじっくり乗り込んでいたのですが、少し間隔が空いているのもあって最近はおっとりとした様子を見せていました。あまり気持ちを緩めすぎても良くないかと思い、今日は坂路2本のメニューを行いました。すると、ブレイクにスイッチがしっかりと入って少し時計になるかならないかくらいで元気良く登っています。これによって今後またシャキッとしてくるでしょうし、気持ちの面でもいい意味でリセットしてくるはずです。適度にオンオフをきかせながら今後も調整していきます」(戸田師)5月10日の東京競馬(NHKマイルC・芝1600m)に出走を予定しています。



NZTは使わない方向でブレないですね。強力なライバルが登場しない事を強く祈っておりますが、スプリングS2着のレッドスパーダはウルサイ存在になりそうです。また3着のフィフスも皐月賞の着順次第ではNHKに回ってくる公算が大ですから厳しいですねぇ・・・これらのライバル相手にぶっつけで勝てるのか?

福島ですか

ルージュアルダン


「できれば中1週で使いたいと思っていましたが、状況が読めませんでしたし、まだソエが出たり引いたりと波があって完治している状態ではないので、無理しないことにしました。昨日和田牧場へ放牧に出していて、レース後のケアもしっかりと行っています。今後の状態を調教の進み具合にもよりますが、今のところ福島開催を目標にできればと考えています」(和田道師)



ルージュは


好走→惨敗→好走


と言った感じで走りますので次走はオススメですよ、もちろん馬券は自己責任でお願いしますがw
主戦場の福島で何とか良いレースを。福島の場合ダートも中京他よりも150m長いですから期待しております。
posted by めてお at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ルージュアルダン(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月16日

これが限界かな?

ルージュアルダン


14日の中京競馬ではスタートは良かったものの、内枠の馬たちが速く中団外々を追走。直線でジリジリと伸びるが交わすまでには至らず6着。「今日は外枠に尽きますね。この馬もスタートを決めているし、前々で運ぼうとしたのですが、内枠に有力どころが多かったし、僕の馬より内の馬のほうが速かったです。中団からの競馬になってしまったことで、砂を被って嫌がる素振りも見せていました。最後もジリジリと伸びてはいますが、切れる脚を使うタイプではないので、やはり先手を取る形が理想ですね。能力は確かなので、枠さえ違っていれば結果も変わっていたと思います」(宮崎騎手)「外枠で行き切れず、自分の形に持ち込めなかったですね。コンディションが良かったので、もう少しいい競馬ができると期待していただけに残念です。できればこのまま使いたいのですが、いつ出走できるかわかりにくい状況です。また脚元に負担がかかりやすい馬場でもあったし、ソエが出たり引いたりしている状態です。短期間でもレース後のケアをしてあげてから、次の競馬へ向かうほうがいいでしょう」(和田道師)レース後の状態を見てからになりますが、リフレッシュ放牧してから福島開催へ向かうことを考えています。



コメントの通りで内の馬が速くて前につけられず、外を回す形になってしまいましたので今回の結果は仕方ないところでしょう。

ただ、ダートにしろ芝にしろ1000mあたりを使うのであれば、最下級条件とは言え馬鹿っ速い馬が必ず居ますので、コンスタントに好走する事はやっぱり難しいですね。
あくまでも個人的な意見ですが、昨日のレースを見てやっぱりルージュにはダートの1000mは短いという印象を再度持ちました。ダートに拘るのであれば逆に1700位であれば先行するのは今より楽だと思うので是非一度試してもらいたいところです。

ただ、今回のレースと今までのレースを振り返ってみて、悲しいかなルージュは1000万条件では通じる馬ではないと思いますね。この条件で小銭を拾い続けてもらうのも一つの手だと思います。あとは条件を変えることで劇的な変化を期待するしかないかなぁ?
posted by めてお at 00:30| Comment(2) | TrackBack(0) | ルージュアルダン(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月12日

期待してます

ルージュアルダン


11日は美浦坂路で追い切りました(計時不能−計時不能−計時不能−12秒1)。14日の中京競馬(4歳上500万下・ダ1000m)に宮崎騎手で出走を予定しています。



宮崎騎手連戦です。とても喜ばしい事ですね。
前走の良いイメージをもってレースをして欲しいところです。ここは勝利のチャンスのはずだってぜんぜん相手知りませんけどw
posted by めてお at 00:15| Comment(2) | TrackBack(0) | ルージュアルダン(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ぶれずに頑張れ!!!

ブレイクランアウト


11日は軽めの調教を行いました。「引き続き順調ですし、いい意味で変わりありません。この中間も自分が直接跨って調教をつけているのですが、相変わらずいい背中の感触を感じさせてくれます。これからは厩舎の顔となるような活躍をしてもらわないといけませんし、更なる成長を見せて一回りも二回りも立派な競走馬となってくれればと思っています」(戸田師)5月10日の東京競馬(NHKマイルC・芝1600m)に出走を予定しています。



同じキャロ馬のフィフスは本番前にゴタゴタを迎えてしまいましたが、ブレイク陣営は全くぶれていない所に好感が持てます。ライバルが来る可能性が高まったので焦りの更新があるかと思ったんですがねw

NHKの前に一叩きして欲しいのが本音ではありますが、信念を貫いて欲しいとも。とにかくマイルカップはブレイクにとって今年一番の目標のレースですので力を発揮できるようにしっかり、ジックリ育てて頂きたいところです。


そろそろスケジュールが出そうです

ストゥレガーレ


屋内坂路でハロン17〜18秒のキャンター2本を行っています。「ここ最近の動きを見ると週を追う毎に内面の状態が良化していることがわかります。動きもそれに比例するようによくなってきました。まだ移動の予定は出ていませんが、今後もどんどん乗り進めることができそうです。馬体重は456キロです」(空港担当者)


あと1月もすれば移動のスケジュールが出そうな感じです。
この馬と先日の弥生賞にも出走したハイローラーを見る限り「とにかく使い倒す調教師」という評価は当たらずとも遠からずと言った感じだと思います。脚が丈夫な馬ならとても良い調教師かもしれませんね。
ただ、休息を挟むタイミングを逸してしまう感じも否定できませんし、ハイローラーの使い方を見ると「空き巣狙い」は全く出来ない感じがしますw 
悩むなぁ・・・
posted by めてお at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 引退馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月11日

やっとウォーキングマシーン

オーロツェッキーノ


歩様に安定感が出てきたこともあり、ウォーキングマシン調整を開始しました。「見た目にツメは割れていますが、馬がだいぶ気にしなくなってきたのでマシンを開始しました。当面はケアが必要かと思いますが、一歩前進できたことは何よりです」(早来担当者)


確かに一歩前進ではあるんですけどねぇ・・・とにかく時間が欲しいです。
ウォーキングマシーンは進歩ですが、乗り込みまでは時間がかかりそうですので、運良く出走できたとして小倉1戦、福島1戦ぐらいか?
posted by めてお at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 引退馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月07日

なんか変な方向に行っちゃいましたね

ブレイクランアウト


4日は軽めの調整を行いました。「変わらず元気に調教を積むことができています。何もないことが一番ですからね。まだまだ幼い部分が残っている馬ですし、そんな中であれだけのパフォーマンスを見せてくれるわけですから、これから更に成長した時にどれだけの走りをしてくれるのだろうと思うと楽しみで仕方ありません。この春だけが勝負ではありませんが、少しでもいい形で次走へ向えるようにしっかりと成長を促していきたいですね」(戸田師)5月10日の東京競馬(NHKマイルC・芝1600m)に出走を予定しています。


春だけが目標ではないと言うのは仰る通り。ただ、皆様ご存知の通りNHKマイル路線は身内から強力なライバルが登場のようです

三浦ミス!フィフスペトル回避 調教軽過ぎ弥生賞使えず

【弥生賞】追い切り不満フィフスペトル回避


記事では次走スプリングSという事になっていますが、キャロの公式ではNZT→NHKマイルという事が発表されています。これは加藤サイドの言い分。で、

河野通文厩舎公式ブログ

という形で河野サイドの情報が公開されています。
今回どっちがどうと言う事はいえないと思います。加藤調教師の言い分、弟子をコケにされた河野調教師の言い分それぞれあるとは思いますが、結果的にフィフスペトルは三冠の中で一番適性があると思われる皐月賞を回避、クラシック出走を楽しみにしていた馬主(=出資者)と三浦皇成という若い才能がこのような騒動に巻き込まれてしまった事が残念でならないです。

それに、今回の騒動は単にフィフスペトルが皐月賞回避というだけに止まらず、今後三浦騎手が社台系の馬主、調教師と距離がどんどん置かれてしまうような気がしてなりません。リーチの件もありましたしね。

河野調教師のバックアップがあったからこそ三浦騎手はあれだけの成績を挙げられたのは事実ですが、今の日本の競馬の構造を考えると社台からのバックアップが無ければ、「一流騎手」と呼ばれるようなキャリアの形成は不可能。加藤厩舎はその代表みたいなところがありますから、彼のこれからに暗い影を落とさなければ良いのですが・・・

で、色々と書きましたが、今回の結果一番辛いのはフィフスペトル出資者の皆様だと思います。でも何気に辛いのは強力なライバルがトライアルを一叩きして出てきてしまうというブレイク出資者ですよ。同じクラブで、何とか使い分けできないのですかねぇ? まだスプリングあたりを使って皐月賞という路線もあると思いますし、フィフスにリベンジするのはダービーの舞台が良いですよ〜毎日杯あたりを叩かないと正直勝てる気がしません。

10回出走。あると思います

ルージュアルダン


4日は美浦坂路で追い切りました(55秒5−39秒2−計時不能−13秒4)。「牧場ではソエの治療に専念し、その上で3日にトレセンへ帰厩させています。調教師はアメリカへ出張中ですが、中京開催を目指すということに変わりはないので早速今日から時計を出しています。最初ということで時計的には平凡かもしれませんが、週末そして来週としっかり負荷をかけていきながら来週の競馬へ向かっていく予定です」(和田一師)今のところ14日の中京競馬(4歳上500万下・ダ1000m)に出走を予定しています。


慌てる事無く出走を迎えられると嬉しいです。ルージュも4歳になり安定してきた事で、ようやく和田厩舎へ出資したメリットを味わえていると感じています。
ルージュの場合は勝利目標1勝ですが、10回出走というのを新たに考えたいくらい。今年は既に2走してますからあと8走。何だかいけそうな気がする〜
posted by めてお at 19:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ルージュアルダン(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月03日

マイル路線よ薄くなれw

この時期の3歳重賞はアーリントンカップを始めとするマイル路線よりもクラシックに直結するレースの方が興味深い訳ですが、今年はおかげさまで例年とは違う形で楽しませてもらっています。

で、今までなら弥生賞の結果というのは皐月と言うよりダービーを占う意味で大注目なのですが今年は若干違うんですよね。



フィフスペトルさん頼むから2000mもって頂戴w



ブレイクにとってNHKマイルは一生に一度の大舞台。もちろん出走馬のレベルが高いところでのレースも楽しみなのですが、ライバルが薄ければ薄い方が良いに決まってます。
ましてやフィフスはキャロ馬。かんちさんを始めとするお仲間が出資されていると言う事もありますし、ブレイクが唯一「差された馬」ですから正直もう戦いたくないわけですw

加藤先生は今回の結果次第でマイル路線と言っているようですが皐月→ダービーの王道を進んで欲しいです。頼むよ〜ってスゲェ自己チューですねw でもライバルは1頭でも少ない方が良いのですよ。

さぁ生き残れ!!

ストゥレガーレ


周回ダートコースでダク800m、ハロン25秒のキャンター2500mを基調に、週2日は屋内坂路でハロン18秒のキャンター2本を行っています。「徐々に負荷を高めていますが、馬体の状態に翳りが見られないのは何よりです。しっかりとケアしていることで連戦の疲れも癒えてきているので、今後は乗れば乗るだけ良化を引き出せるでしょう」(空港担当者)



3歳の未勝利戦は走る馬はどんどん勝ち上がり、後は命を賭けたサバイバル戦に突入していく訳ですが、ストゥレガーレは確実にその戦いに一生を賭ける事になります。

更新もようやく「疲れ」という言葉がなくなってきましたが、12月6日が最後のレースで今日が3月3日ですから・・・本当に時間かかりましたねぇw

ただこの世代の1次募集で、予算の都合があるとは言え指名した馬ですから当時は「走る」と思っていた訳です。まだその考えは捨てていないですからアッと驚く変わり身を期待しています。
posted by めてお at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 引退馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

進展が無い・・・

オーロツェッキーノ


ツメの回復を待つため、舎飼休養を継続しています。「まだツメの割れ目は目立っており、馬も気にしている感じです。一日も早い回復を目指す意味でも馬房内での完全休養としています。ツメが伸び、歩様も落ち着いてきたら軽めの運動から開始したいと思います。馬体重は484キロです」(早来担当者)



今まで裂蹄というのをあまり愛馬で体験した事がないので分かりませんが、1ヶ月経っても全く前進しませんので痛い怪我です。厳しいなぁ。
posted by めてお at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 引退馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

数で稼ぐ男

ルージュアルダン


3日に美浦トレセンへ帰厩しました。明日から早速調教を開始していく予定で、調教の進み具合を見ながらですが、今のところ14日の中京競馬(4歳上500万下・ダ1000m)への出走を目指しています


ルージュみたいな馬が居ると楽しいですね。
多少脚元が弱いきらいがありますが、それでも数を使って勝ち星こそ1勝だけですが、自分の馬代金分は稼ぎ出しました。今後は使う度に利益を生む訳ですから素晴らしいです。でも頑張ってくれているだけに、なるべく早めに勝利の美酒を味合わせてやりたいところです。次は面子に恵まれてほしいなぁ・・・

posted by めてお at 22:44| Comment(2) | TrackBack(0) | ルージュアルダン(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月01日

速過ぎる、早過ぎるってばw

アフタービート07

アフタービート3月.jpg


現在は屋内周回コースでダクとハロン20秒のキャンター1200mの後、屋内坂路でハロン17〜18秒のキャンター1本を基調に、週2日は登坂本数を2本にしたり、ハロン15秒を計時したりしています。この中間からハロン15秒のキャンターを頻繁に取り入れるようになりましたが、動きは相変わらずよく、特に坂路調教では抜群の手応えを示しており、この時期の2歳馬としては乗り役から高い評価を受けています。馬群に入れる調教も行っていますが終始手応えはよく、我慢することもだいぶ覚えてきたように感じます。馬体、健康状態に関しても冬場とは思えないほど良好で、これから春に向けてどれだけ変わってくるかワクワクしています




ワクワクしているのはこっちですw


ただまだ3月ですから、今からこんなペースでぶっ飛ばして最速デビューをすると仮定しても6月ですから、それまでに息切れしないか大変心配です。
ましてやアフタービート07はきりたさんうしおくんとご一緒馬という事で


「ひょっとしてネタ馬?」


という可能性を危惧しておりますというか皆さんにとっては私と一緒の時点で事故だと思いますがw

まぁマイネルの馬を数多く預かっている西園先生ですから仕上がった馬を使うのは手馴れたものでしょうがやはり心配です。でもこのまま順調にデビューを迎えられれば相当期待できそうですのでパンクしない事を祈ってます。2歳で賞金を稼げると大きいというのをブレイクに教えてもらいましたからアフターにも頑張ってもらいたい。それにしても写真を見ると今直ぐにでも競馬を使ってあげたい感じですな。
posted by めてお at 19:19| Comment(0) | TrackBack(0) | マージービート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

短距離の血か?

タイキシフォン07


タイキシフォン3月.jpg


屋内坂路での調教を開始した後もスムーズに事を進めることができています。現在は1日1時間のウォーキングマシン運動で身体をほぐした後、屋内周回コースでダクとハロン20秒程度のキャンター1800m、屋内坂路でハロン17〜18秒のキャンター1本を行っています。坂路入りした当初は安定感を欠く走りを見せていましたが、今ではすっかり慣れが出たようで、スタートダッシュには素晴らしいものがあり、瞬時にトップスピードに乗れるようになりました。ただし、走りに完全に集中しているかといえばそうでない部分もあるので、このあたりの改善が今後の課題となるでしょう。


筋肉質の馬体で短い距離で良いスピードを持ってそうな感じがします。良い感じに成長していますね。
後はスペ産駒の「走る馬」は薄い感じの馬体が多いのでその辺りがどう出るかが課題だと思います。ウェルシュマフィンの血が出ていると信じたいところですw
posted by めてお at 19:07| Comment(0) | TrackBack(0) | サヴァラン(引退) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バランスが良いと思います

アフタービート07

リアリー3月.jpg


相変わらず順調で脚元もすっきり見せています。現在は日替わりメニューを組んでおり、屋内周回コースでダクとハロン20秒程度のキャンター1600m、屋内坂路でハロン17〜18秒のキャンター2本、周回ダートコースでハロン20秒程度のキャンター2500mを週2日ずつ行っています。運動量の増加と併行して飼葉量を増やしていますが、ペロリと平らげていることから内臓面の健康状態のよさを窺い知ることができ、また調教負荷を余すところなく受け止めていることで太め感はまったくありません。いい背中をしていることから、キャンター時の身体の使い方には実にいいものがあります。


まず2月の時点で順調に来ているだけでも合格です。487Kgという体重もクロフネの仔である事を考えると大きすぎず良い感じだと思います。
良い背中をしている云々はデビューしてからの話なので、暫くは基礎力をつけてもらえれば。
posted by めてお at 18:59| Comment(0) | TrackBack(0) | リアルアヴェニュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする